弊社スタッフコラム

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
探偵コラム

探偵コラム

別れさせ屋コラム 「別れさせ屋のコラム」
別れたい?それとも、別れさせたい? 貴方が前向きに人生を歩んでいくためにはどちらが必要なのでしょう。
別れさせ屋が赤裸々に語る、別れのススメ。

私たち別れさせ屋は恋愛という舞台の裏方。
対象者にスポットライトを当てることもあれば、事実を目立たぬように隠す演出を行うこともあります。時には修羅場を消化する火消し屋に扮することも。

年齢も環境も時には性別も関係ない自由な世界、それが恋愛。
舞台を支える別れさせ屋の演出手法は種種様様なのです。
このコラムでは、別れさせ屋が長年受けてきた相談の一例や、恋愛問題を解決するための知恵袋を紹介します。


復縁屋コラム 「復縁のカルテ」
プロの復縁屋が綴る、復縁のぞき見コラム。
恋愛の形だけ別れの理由もある。そして別れてから復縁へたどり着く道のりもそれぞれです。

百人百様の「復縁」に立ち会っている私たち復縁屋ですが、1つとして同じ現場はない。
プロの復縁屋でも現場で驚かされることや、振りまわされることもあり、臨機応変に対応していかなくてはなりません。
しかし、それらを含めて解決するのが復縁屋の醍醐味といえるでしょう。
復縁に関する悩み、現場での出来事、復縁工作の注意点など、すべての恋愛中の人に向けて、復縁にまつわる物語と秘訣を「復縁のカルテ」と称して紹介いたします。


探偵社長 「探偵社長のズバリ言います!」
ここが違う!業界の常識・非常識を全て言う!
社長の本音が悩める人を救う叱咤激励コラムです。

言いたい時に言いたい事を言えるのが社長と思われがちだが、実は違う。全く持って自由がない。そのひと言で会社の信用が落ちたり上がったり。社員の尊敬を集めたり冷たい視線を浴びせられたり。天国と地獄、白と黒、夏と冬といった具合にたった一つの言葉や行動で存在価値ががらっと変わってしまう。だから今までコラムを書かなかった。正確に言えば尻込みしていたという表現が妥当かもしれない。そんな私がコラムを始めたワケは、そろそろ業界の常識と非常識を整理する必要があると思ったからだ。


ジャーナル「月刊 探偵ジャーナル」
探偵の活躍(?)を通して現場の姿をリアルに再現!
これを読めばアナタも探偵気分が味わえます。

この業界に入った理由はまた今度コラムでお話しするとして、まぁ10年もしていればいろんなことを経験、いろんなものを見てきているわけで、そんな普通に生活していたら経験しないどうでもいい話も増えていくわけで...。ラブホテル前で取っ組み合いの喧嘩をする夫婦から、全裸でベランダから逃げ出す浮気男等々。普通に生活していたら見る機会はないかと。また別れさせ屋や復縁工作といった工作だけではなく行動調査などの調査現場ではいろいろなアクシデントが起こるわけで、そんな日常をゆるーく書いています。なお、守秘義務がございますので、話せる内容には限りがございます。ご了承を。


ひとりごと「女探偵のひとりごと」
恋愛のコツ、テクニックなどから探偵生活を送っている中での素朴な疑問や日々感じたことをコラムに綴ります。

探偵業を通して恋愛相談やアドバイスなどを様々受けてきました。同じ恋愛の悩みですが、人が変われば解決策も変わります。アドバイスや解決方法が変わるのであれば一つずつ聞いていかなければなりません。これはどのような恋愛でもいえることです。一つとして同じものは無い。だから一つずつ親身になって聞くこと。それが解決につながっていくのです。


バツイチ「バツイチ探偵奮闘記」
自らの離婚という体験を生かして皆様のためになる情報を発信していきたいと考えています。

「離婚」=「負け組」ではありません。離婚をせずに我慢するよりも、もっと幸せになる方法が必ずあるはず。自らの離婚という実体験を生かして皆様のためになる情報をこのコラムでは発信しております。


ワイド「探偵ワイドスクープ」
六本木探偵BAR「ANSWER」。

日本屈指と言えるほどあらゆる人種が闊歩する六本木。人種と言ってもリアルに肌の色のことを指しているだけではなく、いろいろな種類の人間という意味も含めた人種の坩堝というのが、この街の特徴だ。そんな魅惑の地に店を構えて10年近くにもなる。いろいろな人種の中でも、とくに有名人がこの街で繰り広げてきたスキャンダラスな出来事も目の当りにしてきた。このコラムは探偵が見た探偵目線のワイドスクープです。


恋愛相談「恋愛料理人の恋愛相談室」
耳にする男と女の様々な愛の物語…。調査や工作の中で様々な恋模様を見てきました。

恋愛の掟っていろいろありますが、これだけは絶対に必要というものがあります。それは体力。恋をするって凄くエネルギーがいるものだと。食べ物がノドも通らないってよく聞きません?でも、それじゃあ、生きてるワケない。ちゃんと食べてるハズですよ。恋をしてても、別れ話をしてても喉は渇くし、お腹もすく。そういうもんだと思います。


垣原「垣原奈緒子の恋愛相談室」
私、垣原奈緒子は数々の恋愛模様をみてきましたが、一つとして同じパターンの恋愛はありませんでした。

恋愛事情は人それぞれで不倫のトラブルや性の問題など様々悩み事は違います。二人の問題といえども、それだけでは解決できない事態になってしまった人のために私どもは存在しております。ここでは探偵として経験を生かし、恋愛アドバイスのみに留まらず、実際に解決策を考えるということを行ってます。



その他過去コラム
コラムがたくさんたまってきたので、コラム専門サイトを作成しました。
●年の歴史を誇るバックナンバー。暇つぶしに、話のネタに、ぜひどうぞ。

FAX探偵ドットコムのたんていコラム(※外部サイトに接続します)