別れさせ工作と調査は切っても切り離せない関係

私たちは工作だけしているわけではありません。
工作がソフトな部分であるならば調査はハードの部分だと考えて下さい。
基本的には工作と調査は同時並行で行っているのです。
中には対象者に関する情報量が少なければ、調査をしなくては工作を行えないケースもあります。
基本情報がそろっていたとしても、調査結果によって、工作の依頼を決めたいという依頼者様もいます。

調査が必要不可欠な別れさせ工作のケース

好きな相手の基本情報は揃っているが、その交際相手の情報がほとんどないようなパターンです。
二人を別れさせるためには交際相手の身元情報を入手する必要があるのです。
このようなときには二人が会いそうな日に尾行して、交際相手の容姿や自宅の特定など行わなくてはなりません。
勤務先と容姿が分かっているが自宅が分からない。
このように一部だけ情報が足りない場合には、素行調査が必要になったりします。
交際相手がいるかどうか分からないが、もしいたら二人を別れさせたい。
このような場合にはまずは浮気調査から入ります。
夫婦を別れさせたいと思っているが、夫婦仲が悪いと聞いている。
実は夫婦仲が良かったりして嘘をつかれていたら、工作は行わずに、不倫を清算したい。
こんな依頼者様もいて、そのようなときには、休日に夫婦の行動を調査して二人の様子をレポートします。
このように工作の是非を判断したり実施するために浮気調査や素行調査が必要不可欠なケースがあるのです。

気になる別れさせ屋の調査スキル

工作が主目的であり調査は枝葉の部分でもあり、調査能力に不安を感じる。
そう感じるかもしれませんが、普通の調査専門の会社よりレベルは高いと思っています。
浮気調査は尾行して浮気の現場を押さえて証拠映像を撮影し、自宅住所なども突き止めていきます。
調査会社はそれがゴールであり、尾行や撮影で無理をしたりミスをしたとしてもその一日を乗り切れば終わりです。
しかし、私たちはその先、工作が待っているわけで、これは途中経過にしかすぎません。
浮気調査でも素行調査でも工作に影響するようなリスクを冒すわけにはいかないのです。
些細なミスも許されない状況下でリスクヘッジをしながら調査を成功させなくてはなりません。
また、浮気調査をつながら将来の工作に活かせるような情報収集もしたりと求められることは多いのです。