復縁屋:料金システム

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
復縁屋

復縁屋の料金システム-実稼働性-

料金は実際にスタッフが動いた分だけ。最初に全ての費用をご用意いただく必要はありません。Suicaのようにチャージしながら進めていける画期的なシステムです。

FAX探偵ドットコムの復縁工作の料金システムは実稼働制となっています。そのため業界最小単位で契約ができ、20万円ぐらいからスタート可能。ちなみに実施日時は依頼者様が決めることができます。結果は24時間以内に画像付でご報告します。

復縁工作の料金について

復縁屋の料金

復縁したい、よりを戻したいという想いに応える復縁工作は、病気を治癒したい、健康になりたいといった希望に対峙する医療と似ています。そのため同じような料金システムが望ましいと考えられます。
復縁屋の中にはどんな案件でも一律50万円とか、アバウトな難易度判定で1ヶ月70万円といった料金定額制を見かけます。
しかし考えてみてください。
病院で、体調不良を一律3万円で治療しますとか、骨折ならどんな部位や折れ方でも1か月5万円で治しますとか聞いたことないですよね。
医者は必ず問診した上で診察して患者の様子を掴み、必要ならX線撮影や検査をします。それから治療の方法を考えて薬を処方したり入院や手術を勧めたりします。料金は診療項目や薬の値段によってそこで初めて決まってくるわけです。
復縁屋が医者で復縁工作が治療という具合に置き換えてみるとイメージしやすいと思います。

復縁屋の料金システムは実稼働性が一番

復縁工作は相談者様から問診(ヒアリング)しないことには、調査が必要かどうか、どのような工作方法が適しているかなど、料金に関わることが決められません。
例えば、相手にすでに交際相手がいる場合とそうでないときと同じであるはずがありません。着信拒否をされてしまっているのといまも連絡を取り合えているケースも違うはずです。
細かい話ですが、調査不要の案件と必要な案件、車両が必要な案件と不要な案件。それぞれ料金が同じというのはおかしいですよね。不要ならばその分安くないといけません。
このように復縁工作はまず入念なヒアリングが必要で、それから各自に合わせたお見積書を作成していくべきなのです。
そのため弊社では、相談者様の状況を無視した料金表をHPに表示しても意味はなく、惑わすだけであると考え、具体的な料金は掲載しておりません。ご理解ください。

復縁屋の料金の目安

復縁屋の料金の目安

とはいえ、復縁工作を考えるにあたって、目安くらいは知りたいところでしょう。主なケースをピックアップして、これまでの成功案件のトータルの最小費用と平均費用をまとめてみました。

■復縁対象者がフリーで連絡を取り合っているケース 最少費用60万円 平均費用110万円
■復縁対象者がフリーで連絡が取れないケース 最少費用77万円 平均費用124万円
■復縁対象者に交際相手がいて連絡が取りあえているケース 最少費用105万円 平均費用145万円
■復縁対象者に交際相手がいて連絡が取れないケース 最少費用113万円 平均費用152万円
■復縁対象者が既婚者で連絡が取りあえているケース 最少費用108万円 平均費用148万円
■復縁対象者が既婚者で連絡が取れないケース 最少費用115万円 平均費用159万円

さらに上記は細分化できます。復縁対象者と連絡が取れないケースも、依頼者様が復縁を目指すために自重してリスクを考えて意図的に連絡をしていない場合と着信拒否をされてしまっているのとは内容が違います。
復縁対象者に交際相手がいたとして、交際相手の身元が分かっているときとそうでない場合とでは異なるのです。
そのため、細かなヒアリングが必要になってくるのです。相談および見積作成は無料ですのでお気軽にお問合せください。担当者が丁寧にそして迅速に対応いたします。

メールで無料相談資料請求をする

復縁工作の料金の内訳

復縁屋の料金システムは、基本的に別れさせ屋と同じ実稼働性になります。
基本的な料金内訳は以下のようになります。
・対象者と連絡先交換を目指すまでの料金
・対象者と連絡先交換をした後に携帯などの通信ツールを使ってのやりとり料金
・対象者と約束して直接会って工作を行っていく料金
この3つの合計が総額となります。成功報酬は発生しません。単純に行った分の料金がかかる形となります。この3つは行う内容も異なりますから、もちろん料金の計算方法は違っています。
料金内訳書のサンプルをご覧いただければイメージがしやすいと思いますので、参考にして下さい。

復縁屋の見積書・料金表サンプル(東京及びその周辺)
復縁屋の見積書・料金表サンプル(その他の地方)

なぜ実稼働制の料金なのか

なぜ実稼働制の料金なのか

では総額がいくらになるのか。この部分が復縁屋を考える上で一番気になると思います。
復縁を現実的に考えた上での最終目的は人によって違うのです。連絡を拒絶されている状況から、再び連絡を取り合えるようになれればいいという人もいます。一方で、それだけではなく、拒絶されていた状況から、結婚まで目指したいという方もいらっしゃいます。
前者と後者では、その内容量に差がありますから、当然料金にも違いが出てくるのです。対象者の本心や本音を覗いてみたら、当初想像していたよりも、傷は浅かった。その逆で復縁にマイナスの想定外の事実が発覚したり、隠し事があって、それで難航することもあります。

このようにいくらあれば復縁できる、いくらなければ復縁できないという単純な話ではありません。
率直にお答えすれば、あなたが復縁工作にかけたいと思った額が総額となります。
いくらか提示されないと途中で支払いきれなくなってしまう、必要以上に払わされるといった不安を感じる人もいるかもしれません。そんなことはありません。事前にしっかりと予算上限を決めてその中で行うのです。
そのための実稼働制の仕組みなのです。
絶対に越えてはならないラインを設定して、最終的にはその半分で成功することもあるのです。

復縁屋の相場とは

とはいえ、復縁屋への依頼に慣れている方はいらっしゃいませんから、相場がわからないということもあるでしょう。
弊社でお受けしている復縁屋の平均的なご予算は140~160万円程度です。ただこれはあくまで平均で、人により様々なのです。対象者の生活パターン、職業、移動手段、お住まいの地域等によっても変わりますし、どこまでこだわるかにもよるでしょう。

まずはご予算をお伝えいただき、その中で何ができるかを話し合う。その内容によって、プラスするもの、必要ないものを話し合い、最終的なプランと復縁屋の料金が決まっていく。このような形が、最終的に納得できる復縁の形になるのではないでしょうか。
復縁に限らず、工作は結果が約束されているものではありません。どこまで突き詰めて行うか、どこまでお金をかけるかの基準は人それぞれとなるでしょう。

見積を依頼する資料請求をする

成功報酬を取り入れない理由

成功報酬を取り入れない理由

上でも述べたように、どこのラインで復縁屋の成功が認められるかは人それぞれです。
業者側が「2人でデートするまで」とラインを定めていた場合、結婚までしたいと考えている人にとっては不十分ですよね。逆に連絡が取りあえれば良いと思っている人にとっては、そこまで復縁屋の作業は必要ないので代わりに料金を下げてほしいと思うでしょう。
このように依頼者側と業者側で食い違い、トラブルとなりやすいのが成功報酬制なのです。

また、中には「依頼者様の希望されるラインを復縁の成功と定めます」という業者もあります。
このように言われると、当然連絡が取れるだけよりも2人で会えるようになるまで、さらには結婚まで、と高望みをしてしまいます。
しかし業者からすれば、同じ料金の中で行う場合、高い望みを叶えようとするほど費用対効果が悪くなってしまいます。すると最初から成功を目指さないということが容易に考えられるのです。
業者側の「成功の基準」を細かくしつこく挙げてくれるところのほうがまだ良いと思った方が良いかもしれません。

成功を目指すのは当たり前

復縁屋で成功報酬制を取り入れている業者で、稼働制の料金体系としているところは見たことがありません。大抵期間が事前に定まっていて、着手金を支払って工作に着手する形となります。その料金の中で現実的に何ができるかをよく考えてみるべきでしょう。個人経営でなく、かつリーズナブルであれば、何かしらの隠れた理由があるはずです。

弊社では、それに対して金銭での報酬は求めません。
医者が病気を治そうとするのと同じように、そもそもどの案件でも復縁の成功を目指すのが当然だからです。
復縁屋に依頼され、結果として成功し依頼者様から感謝されることが何よりの報酬だと思います。

見積を依頼する資料請求をする

復縁屋の料金 関連ページ

安く抑えるには
費用の支払い方
弊社の料金システムに成功報酬が無い理由
復縁工作の料金表サンプル
・コラム:復縁のサポートが必要な時
・コラム:復縁屋が考える恋愛の値段とは?
・コラム:復縁屋の会社の実態

MENUへ