妻と離婚したいときの別れさせ屋

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
別れさせ屋

妻と離婚したい時になぜ別れさせ屋を使うのか

妻と離婚したい

妻と離婚したいと思った時に別れさせ屋を利用する方は、大きく分けて2通りになります。
まず1パターン目。
離婚したいと思ったら、妻の不利になる証拠を探そうとする方が殆どでしょう。たしかに不貞の証拠や育児放棄の証拠などを持てば、一方的に婚姻を解消することができます。
しかしこういった方法は喧嘩別れになることは必須です。妻はあなたのやったことを簡単には許さないでしょう。
離婚したいけれども離婚後も妻と連絡を取りあいたい。離婚したいけれども、妻と関係は悪くしたくない。
そういった考えをお持ちの方々が別れさせ屋を利用して、あたかも相手が選び取った道であるかのように、離婚したいという気持ちを悟らせずに、別れるのです。

妻と離婚したくてもできない時

もう1パターンとしては、自分に非がある場合です。
ご依頼いただくケースとしてはこちらが断然多いです。依頼者様自身が不倫をしており、しかもそれが妻にばれてしまっている。そのため離婚したくてもできない状況です。そこで頼るのが別れさせ屋ということです。
もし妻にばれていないなら、なるべく早く着手した方がいいでしょう。同居しているかぎり、奥さんに不倫が知られてしまうリスクがあります。
知られる前に穏便に妻と離婚する。これが理想の展開です。

ただこういった場合、別れさせ屋のオーソドックスな方法と思われている「異性を近づける方法」が有効な場合とそうでない場合があります。そのため、どういった工作方法をとることができるかは、詳しいお話をお聞きした上で判断させていただきます。

メールで無料相談資料請求をする

証拠があれば離婚の道が開いていく

証拠があれば離婚の道が開いていく

離婚したい方の中には、やはり証拠を持っておかなければ心配ということもあるでしょう。別れさせ屋も必ず理想の形で完成させられるとも限りませんから、進めていく中で同時に証拠も押さえておき、万が一の場合にはこれを用いて離婚をするというのも一つの手法となります。
浮気の証拠としては相手方を知ってから3年が時効ですので、逆に言えば3年の猶予期間は生まれるということです。
奥さんに別れさせ屋工作を仕掛けるためには、まず行動調査を行います。
その調査によって、あなたの知らない奥さんの実生活が見えてきます。
普段は自宅とパート先の往復しかしていないと思っていたら、あなたのいない昼間に他の男性と会っていた。

妻の行動が鍵を握る

そんなこともあり得るのです。自分の妻に限ってそんなことはない、と皆様考えがちです。しかしご自身が不倫関係を持ってしまったように、奥さんもあなたの知らないところで不倫をしている可能性はあるのです。
特に奥さんが働きに出ている場合は要注意です。職場での人間関係が恋愛へと発展していることは意外と多いのです。
証拠がつかめれば立場は逆転とまではいかなくても同等になります。優位に話し合いを進めていける道が開けるのです。

離婚に応じない妻の心理

夫であるあなたから説得しても離婚したくない妻の心には響きません。
説得すればするほど妻はかたくなになり離婚に応じないものです。別居しようと夫が提案しても、その思惑を見抜き、あの手この手で抵抗することもあります。
こういうときは妻の心理を理解することが大事です。別れさせ屋の工作員は妻の心理を紐解き、離婚に応じない原因を探っていきます。説得よりも聞き出しが大事なのです。
離婚したくない原因や理由がわかれば、有効打を考えられるのです。
妻と別れたい方はぜひ下記関連ページをご一読ください。

見積を依頼する資料請求をする

妻と離婚したい 関連ページ

妻と離婚できない
離婚したくない妻の心理
妻と離婚の体験談
妻と離婚の慰謝料や養育費
・コラム:妻と別れたいと考えている人
・コラム:別れてくれない奥さんの本当の理由

MENUへ