離婚してくれない夫の心理や理由

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
別れさせ屋

離婚してくれない夫の心理と理由

離婚してくれない夫の心理と理由

離婚したいと勇気を振り絞って切り出してもまともに取り合ってくれないという話はよく聞きます。
妻であるあなたが時間を掛けて説得しても夫は離婚してくれないまま。なんで夫は離婚してくれないのか分からず、さじを投げる人もいます。
離婚を申し出ても夫が離婚に応じないには理由があるものです。その理由を知らずして、また夫の気持ちや心理面を無視していては離婚できないのです。
つまりは夫の心理を理解し、奥底にある理由を探り出す事が肝要です。別れさせ屋の工作員は夫の心理をのぞき、離婚に応じない理由を探っていきます。離婚したくない原因や理由がわかれば打つ手が見えてきます。
別れさせ屋のFAX探偵ドットコムは長年の経験から離婚してくれない夫の心理を解析できます。
なぜ夫は離婚に応じないのか、なんでただただ離婚したくないと言い張るのか。親族や会社の人の目を気にしているならば、夫の心理をどうほぐしていくのかを考えていかねばなりません。

夫との離婚と婚姻期間

夫と離婚したい、別れたい…。婚姻期間の長い短いに関わらずそういった気持ちになることはあるでしょう。しかし夫との離婚を考えても、なかなか前に進めない方がいるのも事実です。
一般的に婚姻期間5年未満の夫婦に離婚が多いと言われています。これは子供の有無が大きな要因となっているからです。子供がいるから離婚を踏みとどまる、子供がいないから離婚を前向きに考える。これは夫婦というより親としての感情や責任感の問題です。
ただし離婚をしなかったからといって夫婦の問題が修復されたわけではありません。両親がギスギスしている家庭で育つ子供にどういった影響が出るか…想像に難くないでしょう。
たいていの人は夫との婚姻期間が長いと離婚しにくいと思いがちです。しかし最近では熟年離婚も増えています。婚姻期間が長いから離婚が難しい、短いから簡単だと一概に言えないものなのです。

見積を依頼する資料請求をする

夫に離婚を受け入させるためには

夫に離婚を受け入させるためには

夫婦の関係が悪化しているとお互いに認識しているケースでは、夫は離婚を受け入れやすい傾向にあります。
男性は先のことを考えて行動するので、このまま婚姻を続けることは自分にとってプラスに働かないと思えば離婚に同意するでしょう。
つまり夫にそう思わすことができれば自然と離婚にたどり着けることになります。
ただ婚姻期間が長いと惰性での夫婦関係になってしまい、これはこれで諦めて自分は自分で楽しむ、といった割り切り思考になってしまうことがあります。
そういったケースでは自分の力だけで離婚に漕ぎつけることは難しいでしょう。
夫はある意味、安定した生活を送っているわけです。割り切ることによって精神的にも落ち着いています。
それを崩してでも離婚したいと思わせなければなりません。
当事者である妻が話すだけでは状況を変えることは簡単ではありません。
やはり別れさせ屋による工作を検討したほうがいいでしょう。工作員が夫と接触し誘導していくような工作が必要だと思います。
もしくは探偵の行う調査で夫側に浮気などの問題があるかチェックしてみてもいいでしょう。

夫に離婚を切り出す前に

夫との婚姻期間が短いケースでは、妻側から離婚を切りだしても夫がはねつけることがあります。話し合いにすらならず、理由を告げても納得してもらえないこともあります。
そういった場合は、周囲の目を夫が気にしていることがほとんどです。友人知人の手前すぐに離婚など言えないとか、親に何といえばいいのか、など自分主体ではなく周りの人にどう思われるかをメインに考えているのです。
離婚したいとか別れたいといった気持ちよりも先に社会的な評価を優先してしまいます。こういった相手の場合は、妻から夫に離婚を切り出すまえに、受け入れやすい環境を整えておくことが大事です。

離婚したくない理由を潰す

夫に外に目を向けさせることもそうですし、世の中にはバツ1の人などいくらでもいることやそっちの方がむしろモテるといった話を刷り込んでおくのでも良いでしょう。またすでに夫に離婚したいという意思を告げてしまった場合は、夫の気にする体面を1つ1つ解消してあげる作業が必要です。
夫の考えを知ることも大事ですが、別れさせ屋の工作でふところに入り込み、離婚という選択肢を選ぶように導いていく工程がポイントとなるでしょう。
別れさせ屋のご相談では、離婚を切り出すタイミングなどもアドバイスもさせて頂いております。
相談は無料ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

見積を依頼する資料請求をする

関連ページ

夫と離婚したい
夫と離婚したいのに離婚できない
夫の慰謝料や養育費
夫との離婚成功体験談
・コラム:別れたい妻、別れたくない夫

MENUへ