彼女と別れたい成功事例

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
別れさせ屋

別れさせ屋で彼女と別れた体験談

彼女と別れたい成功事例

これは私が別れさせ屋工作を依頼し、婚約していた彼女と別れた体験談です。
当時私は28歳、彼女はちょうど大学を卒業し社会人1年目でした。彼女の大学在学中から交際が始まり3年間仲良くやってきました。婚約もしていました。ご両親に挨拶も済ませ給料3ヶ月分の指輪を渡し、彼女の仕事が落ち着いたら結婚することになっていました。
そんな私がなぜ別れたいと思ったのか、それは彼女の夜遊び癖でした。古い考え方かもしれませんが、私は女性の朝帰りなど許せないタイプの人間です。しかし、彼女は「飲み会=朝まで」という思考の持ち主でした。
あまり飲み歩くような真似はしてほしくないし夜中から昼前まで連絡がないと心配だからと説明し、彼女の夜遊びを禁じる代わりに私は禁煙を始めました。私の喫煙を彼女はとても嫌がっていたので、禁煙のかいもあって彼女の夜遊び癖も収まりました。

別れたい気持ち

しかし大学卒業時の送別コンパをきっかけに夜遊び熱が再燃してしまい、再び週2で夜の街に繰り出すようになっていきました。お酒を飲むことも昼帰りもするなとは言いません。しかし私が心配していることをわかっているのかいないのか、何度言っても繰り返す愚かしさに我慢がなりませんでした。
次第にコミュニケーションも減り、セックスをすることもなくなり、彼女に対して何の感情もなくなってしまいました。 そして彼女と別れたいと思うようになっていったのです。
しかし私たちの交際は当事者同士だけの問題ではなく、私の結婚を心待ちにしてくれていた両親と、何度も頭を下げ結婚の許しをくれた彼女のご両親とお兄さん、ほかにも祝福してくれた皆さんのことを思うとどうしても別れを切り出すことができなかったのです。
彼女のご家族や私の両親にどう説明すればいいのかわからず、自分1人が悪者になる覚悟もなく……私はただただ周囲への申し訳なさから、義務感で彼女との交際を続けていました。

見積を依頼する資料請求をする

別れさせ屋との出会い

半年ほど経って同僚とこのことについて話す機会があり、そこで初めて別れさせ屋の存在を知りました。
別れさせ屋などフィクションの中の職業だと思っていた私は同僚を質問攻めにしてしまいましたが、詳しいことはわからないということでしたので、自分で調べているうちに行きついたのがFAX探偵ドットコムのホームページでした。
別れさせ屋工作の手法がとても詳しく説明されていて、これなら彼女から別れを切り出してくれるのではないか……と、問い合わせのメールを送りました。
依頼を決めたポイントはたくさんありますが、1つはメール問い合わせの返信速度が他社とは段違いに早く、質問にしっかりと答えてくれることです。最初に問い合わせた時は何とも思いませんでしたが、他社へ問い合わせてみると一目瞭然でした。FAX探偵ドットコムの対応は迅速で丁寧です。
失敗するリスクの説明をしっかりとしていただけたので、やれ成功率だの返金保証だのを謳っている業者より信頼感を持って依頼することができました。
また、情報交換サイトの体験談等を見るなどして、ちゃんとした業者だと思ったことも大きかったです。
契約後もいつ調査をするか、いつ工作を仕掛けるかを話し合って決めその日のうちに報告が送られてくるので、動いてくれていることがリアルタイムでわかり安心感がありました。

別れさせ屋のおかげで成功した

まずは素行調査から入り、彼女が浮気をしていた場合は証拠を握ってこちらで動かせてもらうといった段取りでしたが、素行調査の結果飲み歩きはするものの男の影は全くなかったことがわかり、少しだけガッカリしました。
しかし、その後の工作員の方が大活躍してくれました。なんと依頼から1ヶ月半ほどで彼女の方から別れを切り出してきたのです。
彼女が1人で飲み歩く人間なので比較的取り入りやすかったそうですが、わずか2ヶ月近くで結果が出るなんて思っていませんでした。彼女が飲み屋で工作員の方に私が冷たく当たっていたことやセックスレスのことを相談するなどし、工作員の方も動きやすかったそうです。
結果、婚約破棄で支払う平均慰謝料より安く彼女と別れることができました。
別れさせ屋工作を担当してくださったベテラン探偵さんと調査員の方、そして工作員の方に心から感謝しています。

あれから1年が経ち、今はお互い別々のパートナーができました。早く身を固めてくれと両親からは日々言われていますが、もうこんな思いはこりごりですので、ゆっくりと愛を育んでいきたいと思っています。

見積を依頼する資料請求をする

関連ページ

彼女と別れたい
彼女と別れる方法
不安定な彼女と別れたい
・コラム:結婚が考えられない

MENUへ