別れさせ屋工作

対象者別の別れさせ屋の進め方

タイプ別の別れる・別れさせる方法

対象者、いわゆるターゲットがどういった人物かによって、工作の枝葉が変わってきます。特に仕事内容や精神状態、立場などで、行動パターンや接触の方法などを検討していかねばなりません。
スムーズに別れさせ屋工作を進めていくためには、事前のヒアリングが何より大事です。
問診をしない医者はいないように、我々は依頼人様に対象者の情報を詳しくお聞きします。もちろん依頼人様がすべての情報を知っているとは限りません。わかっていること、わからないこと、想定できることを切り分け、そこから調査によって明らかにしていかないとならないことを洗い出すのです。 メールや電話、面談時には対象者のことをお尋ねするのは上記ような理由があるからなのです。
例えば同じ仕事、職場であっても正社員とバイト、パートや契約社員などの雇用形態によって、対象者の生活リズムが変わってくるもあります。
下記にあげるケースはあくまで一例となりますが、参考までにご一読してみてください。
詳しい別れさせ屋工作の進め方については、電話や問い合わせフォームにてお問い合わせください。
対象者についての情報をお聞きして、最適な方法をご提案させていただきます。

不倫、愛人

不倫、愛人の別れさせ屋

不倫相手と穏便に別れたい、トラブルなく関係を終わらせたい、というご依頼となります。自分から別れを切り出しても受け入れてもらえそうにない、場合によっては関係を公表すると脅されているなど、自分の力だけでは軟着陸が出来ないケースです。
友人知人を巻き込むと話がややこしくなることもありますのでご注意を。

対象者がうつにかかっている場合

対象者がうつにかかっている場合、別れさせ屋はできるのか

対象者がうつ病であったり何らかの精神疾患を持っている、というケースは意外と多いのです。
別れ話をするうえで、なかなか前に進まないとか、別れようとすると病気を理由に抵抗されるなど、一筋縄ではいかないのが特徴です。
ただし本当の病気かどうかあいまいなことも多く、別れたくないがために装っていることもあります。

医者や看護師

医師

医者や看護師といった医療関係者は、別れさせの対象者となることが多い仕事です。
医師同士であったり、医師と看護師など職場や医局の狭い環境での恋愛が多く、周囲の人に知られてしまうこともあります。
シフト勤務や土曜日の昼までの勤務、さらに日勤・夜勤・準夜勤など勤務時間にばらつきがあるので、調査日程を絞り込むことがポイントになります。

公務員

公務員

9時から18時、8時から17時までといった形で勤務時間が固定化されている人が多く、比較的、調査や工作を進めやすい対象者と言えます。
しかし教師は学校の行事や休みに合わせて行動するため、その点を注意する必要があります。
公務員でも職種によっては、残業が多い人がいたり、出向や出張がある人もいるので、工作する場所や時間に気を付けなければなりません。