別れさせ屋工作

別れさせ屋で相手の情報がない場合

情報が少ない時の別れさせ屋の工作方法

別れさせ屋において、相手の情報がないというケースがあります。情報がない、というのは

  • いるかいないか分からない
    (新しい恋人など)
  • いるのは分かっているが、全くどんな人物か分からない
  • 名前や勤務先など断片的には分かっているが、顔が分からないなど情報の一部がない、不足している
  • ある程度はどんな相手か分かっているが、情報が足りない

などのいくつかの段階に分けられますね。
別れさせたい相手の情報がない状況で、当たり前ですがその相手には接触しようがないのでこの場合展開は大きく分けると3パターンになります。
情報が分かっている人物を対象者にするという方法、相手の情報をしっかり調べてからどちらを対象者にするか決めるという方法、情報がない相手を対象者と決め、情報がない部分を埋めていってその後別れさせ屋を行う方法です。

別れさせ屋の工作方法とは

一つ目の場合は、分かっている人物にのみ工作を行うという方法で、2つ目、3つ目は情報がない対象者ではなく情報がある対象者を基点として、相手をきちんと特定してから方針を決めるという方法です。例えば、対象者を追っていく中で自動的に相手のことが判明する場合もありますが、そんなによく会わない相手の場合特定が困難なケースも考えられます。

一方で、既婚者の場合ならともかくとして、お互いに独身で遠距離恋愛だったりするとなかなか対象者の情報がないケースも多いです。遠距離恋愛だったりすると、会う日が分かれば別ですが、そうではない場合まったく基点から対象者への糸がつながらない(特定するのが困難)なことが多いので、情報がない相手ではなく情報がある相手を対象者として絞ったほうがスムーズでしょう。

情報量と対象者

かといって、本来は現時点では情報がない対象者の方が工作に引っかかりやすい人間だったとすると情報のある、ないだけで対象者を決めてしまうのももったいない場合もありますね。情報は、現時点でないだけで簡単に対象者が特定できる場合と、困難と思われる場合があり、その判断は無料相談の段階でもお答えできますので、一人で悩まれるよりもまずはお気軽にご相談ください。