別れさせ屋の対象者が医者や看護師

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
別れさせ屋

別れさせ屋の対象者が医者であるケース

別れさせ屋の対象者が医者や看護師

弊社においては別れさせ屋のターゲットの職業が医師であるケースは多いのです。
医師は担当分野や勤務先病院により全くルーチンも違ってきます。例えば、救急対応をしていたり当直があるような病院であれば病院から全く出てこないこともあります。また、複数の病院を日替わりで掛け持ちしている医師もいます。
一週間の間に三か所の病院を回っている医師も少なくはありません。
別れさせ屋を進めていくにあたって、このような医師は行動把握がしづらく、接触ポイントもなかなか見出せないのです。
最終手段として、病院の売店などで一度二度接触をすることも視野に入れて進めます。担当分野がオペの多い外科や人手が足りない小児科はとにかく忙しく、院内でも動きが掴みづらいこともあります。
その様な状況下にあっても数々の分野の医師を対象としてきたので、過去の経験を活かし、ターゲットの動向をつかむために院内を駆けずり回るのです。
大学病院や比較的規模の大きな病院に比べ、小規模の病院の勤務医は比較的動きが掴みやすく、別れさせ屋も上記に書いた医師よりはスムーズに運ぶことが多いようです。

見積を依頼する資料請求をする

男性医師と女性看護師の構図

既婚・独身に関わらずとくに男性医師と女性看護師の別れさせ屋で、依頼者は女性医師か女性看護師というパターンが大部分を占めます。つまり、職場内での三角関係という構図で、全体の7割程度がこれに当てはまります。
ゆえに、依頼者が医師の勤務シフトなど把握しているケースが多く、実際に進めてみると、想像よりもロスが発生しないこともあります。
医師と看護師のケースで注意しなければならないのは、依頼者が知り得ない第三の女性がいることもあるのです。医師が看護師三人と交際していて、うち一人が依頼者であり、もう一人の交際に気づかないパターンがたまにあるのです。
研修医時代に別の病院で知り合い交際している看護師やアルバイトで通っている病院の看護師など依頼者からは見えないところで付き合っていたりするのです。
弊社で扱った案件の中で、とある医師が 5人の看護師と関係があったということもありました。

見積を依頼する資料請求をする

歯医者のケース

全て別の病院に勤務している看護師でした。別れさせ屋を進めていく中で発覚したことですが、このようなケースは特異なものとして、あらゆる可能性を踏まえながら適宜対処していく必要があります。
医師でも別れさせ屋のターゲットが歯医者である場合は、逆に動きが読みやすいのです。
歯医者は、個人や小規模病院がほとんどです。診察時間もはっきりしています。傾向としては外科や内科などの医師と異なり、歯科助手などのいわゆる同僚と交際しているケースは少ないようです。交際相手が同じ医療関係者であれば、ターゲットに仕掛けていくときにその目を気にしなければなりません。
しかし、歯医者の場合は、別の職業の異性と交際していることが多いので、そうした足かせもありません。余談ですが、行動パターンや移動手段、勤務先の状況など考慮に入れず、別れさせ屋で一番難しい医師は、やはり精神科医です。これは今まで携わってきた中での感想ですが、精神科医には変わり者が多いのです。
その為、こちらの予想とは全く異なったリアクションをする人も多く、医師の中での難易度はナンバー1と言えるでしょう。

見積を依頼する資料請求をする

関連ページ

穏便に別れたい
対象者別の別れる別れさせる方法
情報が無い場合の別れさせ屋工作
遠距離のカップルの別れさせ屋
相手がうつのケースの別れさせ屋
教師、公務員の場合の別れさせ屋工作
状況別の別れさせ屋工作の進め方

MENUへ