別れさせ屋工作

対象者別の別れさせ屋の方法

対象者の職業により、動きのパターンや別れさせ屋の進め方、接触の仕方などが変わってきます。職業を把握しておくことで、より適切でスムーズな別れさせ屋を進めることができます。そのため、ご相談時には対象者のご職業をお尋ねしております。
また、同じ職業であっても雇用形態によって生活リズムが変わってくるなどもございます。以下はあくまで一例となりますが、参考までにご覧ください。

より詳しい別れさせ屋の進め方については、お気軽にお問い合わせください。対象者についての情報や状況をお伺いし、最適な方法をご提案させていただきます。

対象者との関係性タイプ別に分けてみました。

年の差恋愛をしている方へ

年の差恋愛をしている方へ

年の差婚というキーワードが一時期取沙汰されましたが、年の差恋愛も少なからず増えてきています。恋愛の自由な形の一つとしてということではありますが、やはり自分が2番手にしかなれず、本命が年の近い人であれば、年齢という大きな壁を感じざるをえないでしょう。しかし、簡単に諦めてしまう前に、まずはできることからやってみませんか。

同性愛のケース

同性愛のケース

あなたが思うほど、このようなご相談は少なくありません。女性同士、男性同士といった同性愛のご相談は、最近では国外でも同性愛の結婚が認められたこともあり、一昔前よりは肩身の狭い思いをせずにすむでしょう。何と言っても、弊社を設立して最初に受けた案件は同性愛なのです。

不倫相手・愛人と別れたい

不倫、愛人の別れさせ屋

愛人と手を切りたいというご相談が最も多いです。別れを切り出すと関係をばらすといって脅される。何とかして穏便に別れられないかということです。また、不倫相手側からの依頼も。離婚すると言っていたのになかなか別れてくれないので、離婚工作を行いたいというものです。
人には話しにくい恋愛についてのご相談も、お気軽にどうぞ。

対象者の精神状態によって、別れさせ屋工作をためらわれる方もいらっしゃいます。

対象者がうつにかかっている場合

対象者がうつにかかっている場合、別れさせ屋はできるのか

対象者がうつの別れさせ屋は非常に多いです。うつであるがために別れたいが別れられない。別れ話が進まない。そのため、別れさせ屋に頼んで別れさせてもらいたい。そんなご相談が多いです。
ご自身のパートナーがうつという案件や、別れさせたい2人の片方もしくは両方がうつにかかっているというケースの、両方がございます。

対象者の職業が違えば、アプローチの方法も変わります。

医師

医師

別れさせの依頼が多い職業です。特に医師同士、もしくは医師と看護師で恋愛関係となりやすいようです。日勤・夜勤・準夜勤などシフトも日によってばらつきがあり、体力仕事となります。

公務員

公務員

基本的に勤務時間が決まっているため、別れさせ屋は進めやすい対象者です。また職種によっては、勤務時間外だけではなく、勤務中にも工作が行えるケースもございます。
まずは一度ご相談ください。解決策を一緒に探していきましょう。