別れさせ屋工作

別れさせ屋の状況別対処法

別れさせたい相手と依頼人との関係、また最終的な目的が変われば手法はそれに適した方法を選ばなければなりません。方法によりメリット・デメリットなどもあります。また案件により取れない方法などもあるでしょう。費用的な部分も考慮して行わなければなりません。よくある相談事例をケースごとに分けましたのでご確認ください。

別れさせ屋を行った後、対象者と復縁したい

別れさせ屋を行った後、対象者と復縁したい

このような形で依頼される方もいらっしゃいます。
方法はいろいろありますが、対象者の一方と以前付き合っていたが別れてしまい今は別の人と付き合っている。現在の交際相手とふたつの作業を同時に進めるケースです。

二股、三角関係のケース

二股、三角関係のケース

このケースでは、おもに浮気相手の側からの依頼が多いと言えます。
ただ、浮気相手と別れさせたい、自分が浮気相手と円満に関係を断ちたいというご依頼される方もいらっしゃいます。
ここでは、浮気相手の側からのケースについて説明しますがその他の場合も可能ですので個別の件にそれぞれ対応させて頂きます。

別れさせ屋をご検討していく上で、上記に当てはまらない場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。
ご相談する上で、一番重要なことが現在の状況です。相手との関係、今の状況が分からなければよりよい方法も生まれません。また情報量で方法も多岐に及びます。ただ情報が少ないからといって諦めないで下さい。
ご相談は、なるべく詳細をご説明下さい。