状況別対処法:同性愛の別れさせ屋

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
別れさせ屋

別れさせ屋の同性愛のケース

別れさせ屋の同性愛のケース

同性愛の別れさせ屋のケースについては、男性と女性の場合で若干異なるので性別に分けて説明します。

まず、男性同士の同性愛と、女性同士の場合において大きな違いを挙げるとすると、男性の場合は体の結びつきが優先順位として非常に高いということが挙げられます。

さらに女性の場合は他に好きな人ができた場合、相手が同性愛者ではなく男性の場合も多いということ。私たちが手掛けてきたケースだと、男性同士の場合、彼女と別れさせたいというケース(相手が男性ではなく女性)は少なく、新しい男性と別れさせたいというケースが多かったです。

メールで無料相談資料請求をする

この場合、対象者は新しい相手に夢中になっていることが多いので、相手の方をターゲットにする方が隙があるといえます。また、出会いのチャンスがあるか、ないかもかなり影響してきます。

それぞれのケースで考える

それぞれのケースで考える

男性の同性愛のケースでは、「何が結びつきの多くを占めているのか」をきちんと見極めて方針を決定する必要があるでしょう。

女性の同性愛のケースでは、心理的な葛藤や、対外的な面を気にして悩んでの別れ、他に異性の好きな人が出来てしまったりなどの様々な原因が考えられます。ただ、依頼者に対しての気持ちが残っているケースも多いので、心理的な誘導が重要な要素を占めるといえます。

親の反対や世間体がネックになっている場合は、いかにそれを乗り越えさせるかが一番重要な部分になってきますし、異性の彼氏ができてしまっているケースなどは、彼氏を対象にする別れさせ屋で信頼を裏切らせるような工作が有効になってきます。

女性の同性愛のケースでは、「いかに心の中を分析して気持ちを変えさせるか」が重要になってくるといえるでしょう。正直に申し上げて、問題点が多い分通常のものに比べて同性愛のケースはそう簡単に「できる」とは申し上げられません。

さらに、共通して挙げられる問題としては、結婚などが絡んでくると対象者の気持ちだけでは済まないということ。依頼者側に、ある程度の割り切りと諦め(別れさせを諦めるのではなく、自身は浮気相手の立場に甘んじてもそれでもいいのかなど)は必要になってくる場合もあります。

しかし、同性愛に限らずすべての工作にいえるのは、「問題は自分の気持ち」ということだと思います。工作をしてまで一緒にいたい相手なのか、時間と費用と労力を割いて、それでも可能性にかけたいのかということではないでしょうか。

見積を依頼する資料請求をする

同性愛のケース 関連ページ

工作方法
対象者別
状況別
二股、三角関係のケース
復縁したい
年の差カップル
・コラム:別れさせ屋が工作で成功率を上げる方法

MENUへ