夫婦の別れさせ屋体験談:東京都立川市女性

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
別れさせ屋

別れさせが成功した今

夫婦の別れさせの体験談

「初恋」というのは、やっぱりちょっと特別なものなのではないでしょうか?
私の場合、高校生のときの家庭教師の先生が初恋でした。 中学生のとき、クラスの男の子のことが好きだったことはあります。 でも、高校生になって、周りも男の子と付き合うようになって、自分自身恋愛に興味が出てきた頃の初恋というのは、やっぱり特別です。

家庭教師の先生は、大学の4年生でした。 すでに就職は決まっていて、東京に行くことが決まっていました。 学校の友人はもっと発展した恋をしていましたが、私には一歩踏み出す勇気がありませんでした。
その後、私も大学に入り、卒業しました。
大学時代、人並みに恋もしましたが、どこかで思い出すのは、家庭教師の先生のことでした。
男の子と付き合っていても、先生だったら、こういうとき、どういうふうにするのかな、なんて言うのかな。なんて考えてしまって・・・

どこか私の心の中にも「東京」という文字はよぎるようになりました。
東京で就職をしたい、一度東京で生活をしてみたい。そして、東京に行けば、、先生がいる。東京に行けば、先生に会えるかもしれない・・
そう思ってみたものの、恥ずかしながら、私は先生が東京に行ってから一度も連絡を取っていませんでした。 どこで何をしているかわからない先生の居所を確かめるのに、私一人の立場ではどうにもなりません。

居場所探しから別れさせへ

人探し、、、という言葉を思い出し、探偵社さんにお願いすることにしたのです。 私が持っている情報から、調査をお願いして、先生の居所はわかりました。 先生は今、何をしているのか私にはわからないことばかりで、どきどきしながら調査結果を待ちました。

その結果、先生にはすでに東京でご家庭がありました・・・
高校生で先生と出会ったとき、もう少し私に勇気があれば・・・と思うと悔しくてたまりませんでした。

同じく、FAX探偵さんには、別れさせ工作があると知りました。東京で平穏に生活をされている先生とご家族を別れさせることに良心の呵責はありましたが、あのとき、私に勇気があれば、と過去を後悔するばかりで、悔しくてたまりませんでした。
奥さんに男性工作員を近づけるという接触をしたのですが、あっさりと奥さんはなびいていきました・・・

別れさせが成功した今、次に私が先生との再会をする予定です。工作が終わったばかりで、私が突然現れるのも不自然だというFAX探偵さんの言葉に従い、再会の機会を演出してもらう日程を調整中です。 緊張しますが、とても楽しみでわくわくしています。

メールで無料相談資料請求をする

夫婦の別れさせ屋体験談 関連ページ

夫婦・既婚者を別れさせたい
夫婦の婚姻期間が別れさせにどう影響するか
夫婦を別れさせる方法とは
夫婦の別れさせ屋工作で気を付けること
仙台の別れさせ屋事例
名古屋の別れさせ屋事例
浜松の別れさせ屋事例
大阪の別れさせ屋事例
福岡の別れさせ屋事例
・コラム:不倫関係のその先は…彼に離婚してほしい!

MENUへ