夫婦の婚姻期間が別れさせにどう影響するか

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
別れさせ屋

婚姻期間が別れさせにどう影響するか

夫婦を別れさせたいと相談される方で、
「まだ結婚して日が浅いから別れさせが難しいんじゃ…」とか
「婚姻期間が長いからそう簡単には離婚しないかも…」などといった不安をお持ちの方がいらっしゃいます。
夫婦の婚姻期間が長いか短いか。それが別れさせ工作にどう影響するかを説明いたしましょう。

メールで無料相談資料請求をする

別れさせ屋の対象者が、婚姻期間の長い夫婦の場合

婚姻期間の長い夫婦

婚姻関係が長い夫婦では、子供がいたり家を購入していることが多く、男女関係のみならず物理的な問題も絡んできます。
ただ婚姻関係が長い=相性がいい、ということではありません。奥さん側の経済力の無さで仕方なく続けていたり、実は離婚のきっかけを探しているという夫婦も沢山います。諦め気味に相談にいらっしゃる方も多いのですが、取っ掛かりをどこに見つけるかで方針は決めていくことができるのです。

こういった別れさせ屋の方法は、単純に異性を近づけるというだけではなく、対象者が「離婚した後の生活の見通し」をイメージできるかにかかっています。 あるいは、絶対に離婚したいと思わせるほどの理由を作り出せるかのどちらかです。いずれにしても事前調査と対象者の本音を聞きだすところが作戦の重要な部分を占めてきます。

既に夫婦関係がうまくいっていない理由が分かっていたとしても、現時点では別れていないわけですから、どう切り崩すかが成功の鍵となります。リッチそうな男性を奥さんに近づける、魅力的な女性を夫に近づける、という安易な方法ではその相手とうまくいかなくなった場合に自分の生活は?と考えた時に厳しい可能性が高いです。

人間は、前向きな展開が見えていないとなかなかリスクある決断ができません。そのリスクをいかに対象者の思考から取り去るかということが工作のポイントになる場合もあります。
漠然と「別れたらその後が大変」と思い込んでいて動けない場合も多いのです。工作員が対象者に、自分も長い間夫婦生活をしてきたけれど結局は別れた。こうこうこうやってこうすれば問題ない、ということを先輩としてアドバイスしていくことで離婚を煽れる場合もあります。

婚姻関係が長い夫婦=別れさせ屋が無理だとは必ずしもいえません。 婚姻関係が長い夫婦の場合であっても、無理だと最初から思わずにまずはご相談ください。一緒に切り口を探してみましょう。

別れさせ屋の対象者が、婚姻期間の短い夫婦の場合

婚姻期間の短い夫婦

婚姻関係が短い夫婦は比較的簡単なケースに該当します。もちろん簡単というと語弊があるかもしれませんが、相談者の方が相談に来られる時点で、既にその夫婦のどちらかと不倫関係にあったり何かしらの理由があるケースが殆どだからです。
特に婚姻関係が3年以内の短い夫婦であって既に理由があるのであれば、離婚までそう揉めないことも見込めるでしょう。

一見うまくいっているようで簡単に別れる夫婦は沢山います。
子供がいなかったり、離婚が難しいという理由が少ないことがチャンスなのです。女性の側も経済的に自立していたりして別れさせ工作を仕掛けた時に本人が離婚に踏み切りやすいという点もこちらに有利に働くでしょう。
婚姻関係が短い夫婦を外から見た場合、ほころびを見つけるのは難しそうに見えてしまいます。そんなに短い婚姻期間で別れるはずがないのではないか・・・という先入観とマイナス思考で見るから、不倫相手の立場では見えない現状も多いのです。

婚姻関係が短い夫婦であるため、お互い独身の場合とそう状況が変わらない・・・という状況に対象者がおかれているのであれば、物理的に離婚しやすいことは間違いないので、別れさせ屋を考えるのであれば早めに決断されたほうがいいでしょう。
かといって、婚姻関係があまりにも短い夫婦では、結婚したてなのでもう少し待って、不満がたまってからの方が別れやすいのか、それとも一刻も早いほうがいいのか・・・などと迷われることでしょう。ただ言えることは、想像で考えても、周囲からは分からない現実が夫婦間に存在することもあるかもしれないのです。

別れさせ屋の無料相談では、工作に適した時期のアドバイスもさせて頂いております。
どうぞ、お気軽にご相談ください。

メールで無料相談資料請求をする

夫婦の婚姻期間 関連ページ

夫婦・既婚者を別れさせたい
夫婦を別れさせる方法とは
夫婦の別れさせ屋工作で気を付けること
体験談
仙台の別れさせ屋事例
名古屋の別れさせ屋事例
浜松の別れさせ屋事例
大阪の別れさせ屋事例
福岡の別れさせ屋事例
・コラム:難易度が高くても奥さんと別れさせたい!
・コラム:奥さんと別れさせる、別れてもらう方法
・コラム:仮面夫婦は結構多い?

MENUへ