夫婦を別れさせる方法

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
別れさせ屋

夫婦関係と難易度

夫婦関係と難易度

夫婦を別れさせることは既婚者であるがゆえに独身カップルを別れさせるより難しい。
そう考えている方が多いのですが、一概にそうとも言えないのです。
また、弊社への相談で次のように考える方が多いようです。
「交際相手は既婚者で奥さんとは家庭内別居状態、気持ちは全く無いと言っているが、なかなか離婚してくれない。夫婦関係がうまくいっていないので、難易度は低く別れさせもスムーズに進むのではないかと思い、別れさせ屋に相談した。」
「夫婦関係はそこそこうまくいっていて、離婚するような気配もないし、彼もそこまでは考えていない。難易度が高いから別れさせ工作をしても難しいと思うので、正直探偵とか別れさせ屋に依頼しようか迷っている。」
どちらも夫婦を別れさせたいという相談です。
このように家庭がうまくいっている夫婦のほうが別れさせるのが難しく、破綻状態にあるほうが難易度が低いと思われがちです。
しかし、こうは単純に言えないのが、夫婦関係というものなのです。

見積を依頼する資料請求をする

離婚に必要なものを探る

夫婦が離婚をする際いろいろなしがらみや、愛情などの情も絡んできます。前者は夫婦生活がうまくいっていますが、二人の間に愛情があればあるほど裏切られた時の反動は大きく、一気に離婚まで進むこともあります。逆に家庭内別居状態で打算的に夫婦生活を送っていれば、裏切られたとしても動じることなく、状況は変わりません。
どのような夫婦にも必ずしがらみというものがあり、その夫婦にとって何が離婚を妨げる一番の原因なのかを探る必要があります。
つまり、この夫婦が何をもって離婚をするのかを明らかにすることで、方法や進め方を決定するのです。
では、しがらみとは何なのか。それは人によって異なりますが、子供や慰謝料、離婚後の生活費、親戚付き合いや社会的地位などが挙げられるでしょう。
工作員が対象者に近づき、最低限の人間関係を作り上げたうえで対象者の相談にのっていきます。
その中で離婚できない原因、つまりしがらみの部分やどの程度愛情などの情が残っているか等を聞き出します。

具体的な別れさせる方法

具体的な別れさせる方法

工作員は過去にその夫婦と似たような状況にあり、離婚した経験を持つキャラクターとして、対象者と話していく。
対象者にとって工作員が無害で何の関わりもない人間であれば、よき相談相手として、自分の抱えている悩みや夫婦関係の実情など話してくれることでしょう。
そしてその夫婦が抱えているしがらみをあぶりだしていく。
弊社のように探偵社の行う別れさせ屋工作ですから、聞き込みや心理的誘導には長けていますので、その相談に対して工作員は自分の体験談から対象者を誘導していく訳です。
例えば対象者が離婚後の金銭面に不安を抱いているのであれば、「養育費やパートの給料で生活は出来る。あまり贅沢が出来なくなったが、嫌いな人と生活するよりは自由な時間が作れるし、精神的にも落ち着く。」などと離婚した成功体験を話しつつ、しがらみをしがらみでないものと思わせ、対象者に離婚というものを考えさせていきます。

異性を紹介する方法

実際に離婚してから一人で生活できる自信が無いといった場合などは、対象者に異性の工作員を紹介して工作を行っていく場合もあります。
もちろん、他の異性と恋愛をすることでそれが離婚の決め手になると判断した場合も、このように進めていきます。
世間体を気にして離婚が出来ない場合なども、「私も最初はそうだった、でも実際離婚してみると世間体を気にして離婚を我慢していたのが馬鹿らしくなるぐらい問題はなかった。」などとアドバイスすることによって対象者の不安を払拭していきます。
このように夫婦を別れさせる方法とは、まず夫婦が離婚に至らないしがらみの部分を調べ上げ、それに柔軟に対応していく事が、一番重要なのです。

見積を依頼する資料請求をする

夫婦を別れさせる方法 関連ページ

夫婦・既婚者を別れさせたい
夫婦の婚姻期間が別れさせにどう影響するか
夫婦の別れさせ屋工作で気を付けること
体験談
仙台の別れさせ屋事例
名古屋の別れさせ屋事例
浜松の別れさせ屋事例
大阪の別れさせ屋事例
福岡の別れさせ屋事例
・コラム:難易度が高くても奥さんと別れさせたい!
・コラム:心理的に誘導して別れさせる

MENUへ