別れさせ屋の費用を抑えるためにできること

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
別れさせ屋

別れさせ屋の費用はなぜ高額なのか。

別れさせ屋の費用を抑える

別れさせ屋に多額の費用がかかるのはなぜなのか?と、依頼をする側からすると納得がいかない点もあるかもしれません。
実際に別れさせ屋が高いと捉えるかどうかというのは、個人の価値観、資金状況にもよると思います。弊社にご依頼する方のご予算では140万~160万ぐらいの間が多いです。もちろん100万円の方も300万円の方もいます。個々人のケースに寄るので平均することにあまり意味はありませんが、考えようによっては、100・200・300万円といったお金で人生を左右出来るかもしれないので、よしとする意見もあるでしょう。しかし不況の折、高いと思われる方の方がやはり多いはずです。
別れさせ屋の業者に依頼したら確実に成功するというのならまだしも、失敗する可能性もあるわけです。そのようなものに対して高額な費用を払うことを躊躇されるのは当然のことです。

また、高い費用を払っていながら、トラブルになる事例が多く報告されているため、余計に心配になることでしょう。
別れさせ屋に契約した時に提示された費用から、さらに上乗せして請求された。期間の延長、経費として、追加費用を入れないと継続できないと言われた。こういった金銭的なトラブルが後を絶ちません。
そのため、弊社の場合は、まず最初に経費分も含めた総予算を設定していただきます。
つまり交通費・人件費・車両費・報告書作成費等、全ての費用がここに含まれますので、総予算を超過することはございません。また各費用についても、1時間あたりいくら、1稼働あたりいくらといった形で具体的にご提示いたします。ですから、行わなければいけない作業を考えれば、だいたいどのくらいは最低必要であって、どの程度あれば多少余裕をもって進めることができるかというのも判断していただけると思います。

もちろん概要をお伺いした上で、詳細なお見積り書も無料で作成いたしますので、お気軽にお申しつけください。

動画で料金システムを解説マンガで料金システムを解説見積を依頼する資料請求をする

別れさせ屋の費用はどのように設定されるか

別れさせ屋の費用はどのように設定されるか

依頼する人の心理としては、費用がかからなければかからない程いいと思うのは当然です。しかしそれは誠実に行おうとすると、現実的な問題として難しいということをご理解頂きたいのです。逆に費用がかからない業者だからと安易に依頼される前に考えなおし、何にどれだけかかるのかを確認することが必要でしょう。
対象者の連絡先交換まですぐに辿り着ければ良いのですが、その前に接触目的の尾行が必要になる場合が殆どです。スタッフは、一稼働においても複数人必要となり、最終的には平均5~6名が関わることになります。毎回の調査において、尾行等を担当する調査員、接触する工作員がそれぞれ必要になります。また何度も尾行することになるわけですから、いつも同じスタッフと言うわけにはいきません。この段階はマンパワーで進めていくこととなり、人数も時間も割かれます。
業者サイドから考えると、人間が動く以上、成否に関わらず人件費や交通費等の諸経費は発生します。最低このくらいの料金は頂かないと経営基盤が成り立たないという料金の最低ラインが基本費用になっています。基本費用は、一般的には着手金として扱われることも多いようです。 費用がかかって困るという依頼者様の感覚と、業者との立場の違いによる意識のずれになるのでしょう。

別れさせ屋の相場

別れさせ屋の費用は、依頼者が頼める金額で、かつ業者が実行できる額で決定されていると言えると思います。大体どこも似たような費用になるのはそんな理由からだと思います。相場は、こうやって決まってきたのだと推測できます。まともにやっている誠意ある業者からすると、調査員や工作員、担当者など数多くのスタッフが一定の期間に亘り拘束されるわけですから、低料金で受けられるはずもないのです。
そして一番重要な事は、金額だけでなく、内容が金額と見合っているかということに尽きると思います。とくにパック制のところへ依頼を検討されている方は、期間と費用が安いかの比較だけではなく、チェックすべき点は多々あります。

別れさせ屋に関しては、対象者次第で、進行ペースも大きく変わってきます。
例えば、平日狙いと日曜日狙いでは明らかに後者の方が進行ペースは遅くなります。工作を進めていく上で、いったん時期を空けて再開した方が良いと考える時もあるでしょう。同じ10回行うのであれば、期間にとらわれず、適した時期に行ったほうが良いと考えるのが自然です。パック制は一見お得な感じもしますが、行える時期に限りがあるといったデメリットや不自然さもあるのです。
担当者の対応や現場に出るスタッフの質もかなり大事な要素です。たとえかかる費用料金が同じでも、内訳はどうなのか、その中で何をどこまでやってくれるのかをきちんと確認することです。

ご自分ではどうしようもなくなる前、被害が広がって手がつけられなくなる前に、まずはお気軽にご相談下さい。

動画で料金システムを解説マンガで料金システムを解説見積を依頼する資料請求をする

別れさせ屋の費用 関連ページ

別れさせ屋の料金システムについて
別れさせ屋の追加料金について
別れさせ屋の支払い方法
別れさせ屋が成功報酬でない理由
別れさせ屋の見積書・料金表サンプル
・コラム:別れさせ屋が語る料金の相場

MENUへ