金銭トラブル|元恋人にお金を貸していた

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
各種調査一覧

元恋人にお金を貸していた

お金を貸した相手が相手が元恋人の場合、ほとんどのケースにおいて借用書の取り交わしなどをしていないのが現状です。

当時は交際していたこともあり「大丈夫だろう」という気の緩みから、ズルズルとお金を貸してしまい、結果関係が解消となった際に返金を求めても「貸した」という証拠が無いため、回収が困難なケースとなってしまうのです。

恋愛関係のある男女の場合、貸したのではなく貰ったと言われてしまえば、それ以上追及することができません。貸した当人は「貸した証明」を用意する必要があります。また関係が破たんした後に返済を求めるのは非常に難しいものです。場合によっては相手が現在どこに住んでいるか分からないといったケースもあるでしょう。

相手の居場所がわからなければ回収のしようがありません。
訴訟を起こすにしても最低限相手の氏名と住所が必要となります。
弊社は探偵社ですので実質的な金銭の回収業務を行うことができませんが、相手の身元特定、居場所の確認作業をお手伝いすることができます。

相談の際に必要な情報

金銭トラブルとなった対象者の身元を特定したい、居場所を探し出したいとお考えの方は以下の質問にお答えください。

・貸した金額、日時
※複数回にわたる場合は最初に貸した時期と最後の日、総額を教えてください。
・借用書の有無
※あるのであればその内容をお知らせください。
・相手に関する情報
※些細なことでも結構です。どのような情報をお持ちなのかを教えてください。
・返済の有無
※過去に返済経験はあるのか、その金額と支払い時期を教えてください。

対処方法

恋愛関係にある男女の金銭トラブルの多くは借用書等貸したという証明ができるものが無いのがほとんどです。
無理に返済を求めれば、「借りていない、もらっただけ」と開き直る人もいます。
つまりそのような態度をされる前に貸したという証拠を取得していかなければなりません。

金銭の貸し借りにおいて、貸した側は弱者になります。
返済されないケースというのも多いでしょう。立場が弱いため、譲歩しなければあならないケースもあります。

貸した側が強いと考えず、出来る限り対等な立場に立ち返済を求めるべきでしょう。

貸した側からしてみれば、すぐに返済をしてもらい関係を断ちたいと思うかもしれませんが、伴うものが無ければ返金はありません。つまり急いだところで余計支払いを渋られるだけです。それなのであればまずは借金の有無を明確するために借用証書を作成して今後返済がされるよう万全の態勢を取るべきでしょう。

無料相談フォームへ

MENUへ