金銭トラブル|不倫関係の相手から慰謝料を払えと言われた

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
各種調査一覧

不倫関係の相手から慰謝料を払えと言われた

金銭トラブルは金銭の貸し借りだけではありません。
不倫相手から慰謝料を請求すると言われるケースもございます。

不倫という言葉通り、社会通念上認められた関係ではありません。法的にも効力があるわけではなく、本来であれば慰謝料請求の対象になるケースは稀です。しかし、既婚者のため、不倫関係を周りの人間に口外されれば、それ以上の金銭的リスクを負うことになるでしょう。相手の対応によっては職を追われるといったケースもあります。

ちょっとした火遊びが大火事になるケースがかなりあるのです。

常識的に考えれば、不倫相手は弱者で、そのような権利はありません。
しかし秘密を握られているため、穏便に済ませたいと当事者は思うでしょう。

結局は慰謝料ではなく口止め料といった脅しと何ら変わりありません。
しかし、不倫をしていた事実には変わりありませんので、警察に相談をしたとしても民事性が強いためなかなか関与はできないでしょう。周囲に口外された場合、名誉棄損等で訴えを起こすことも可能ですが、それ以上の被害が予想されます。とくに教師等、公務員などの特異な職種についていれば、職場に知られることで職を追われる危険性もございます。恐らく相手はそれを理解して行動をしているのだと思います。

このように、交際関係が上手くいっていれば問題はありませんが、関係に亀裂が入った途端、このようなトラブルに真希揉まれる危険性があります。

対処法

当事者同士で話し合いをしたとしても解決には至りません。そもそも、権利の無い相手が権利を主張しているわけですから妥協点は見つからないでしょう。またそれに逃げていれば余計状況を悪くするだけです。

一切対処しなければ相手の行動はエスカレートしていくでしょう。
つまり解決をするためには、何かしら行動を起こし対処していく必要があります。

しかし、弁護士を立て、すべてを一任するという形では相手がどのように出るか分かりません。そもそも正論を話して聞き入れる相手ではありません。法的手続きを取ろうと思えば余計こじれるだけでしょう。つまり、一般的にいわれる正攻法では対処できないのです。

必要なことは相手の考えを知ること、また相手に考える余地を与えることです。
感情的になっている相手は周りが見えておりません。考えを変えさせることで、譲歩案も生まれてきます。
具体的な手法に関しては案件により様々ですので、まずは一度ご相談ください。

無料相談フォームへ

MENUへ