別れさせ屋工作

別れさせ屋

「嫌いになったの?」と聞かれれば、「そうではない」と言ってしまうもの。
「だったらもう少し付き合おう」別れ話に納得がいかないと、このようなやり取りが繰り広げられる。
泣かれたり、キレられたり、話が長くなれば、意を決して切り出した別れ話を引っ込めてしまうこともあるでしょう。
中には自殺をほのめかす人もいます。
そうなると「自分が我慢していれば誰も傷つかない…」と魂の抜けたような選択をする人も多いのです。
でもそれが一番の解決策でしょうか。
気持ちがない交際は疲弊するばかりです。
相手のためにも前向きに別れを目指した方がいいです。

「不倫」最初は割り切っていた交際でも。
一緒にいる時間が楽しければ、不安や不満が出てくるのが恋愛です。
友人や家族に紹介できない。
会える時間が少ない。
自分の存在って何なのだろう。
いろいろと考えてしまうものです。
でも、形は違えど、奥さんも夫への不安や不満を抱えているかもしれませんよ…。

具体的にどういったシナリオなんですか?
こういった質問はとても多いです。
目的を叶えるための相談や依頼なので、気になるのは当たり前ですよね。
でも、工作や最初からシナリオありきで進められるものではないのです。
映画やドラマはキャラクターの設定が決まっていますが、工作ではまずターゲットのキャラクターを知ることから始まります。
相手を知らずして、心理誘導は計れないのです。
ではどうやって別れや離婚に持ち込むのか…

別れさせ屋の漫画が人気だそうです。
20年ほど前に始めた別れさせ工作がマンガになるほど知名度が高まってきたことを思うと感慨深いものがあります。
一般の方にはわかりにくい業界ですから、入りやすくてイメージがつかみやすい漫画はお勧めです。
『嘘つきボーイフレンド』や『オトコ専門別れさせ屋』など主人公の職業が別れさせ屋である作品が有名ですが、エンタメとしても楽しめるので一石二鳥ですね、