公務員を対象とした別れさせ屋

別れさせ屋の依頼として対象者が公務員という案件も多いです。中でも教師、役所は多く、まれに警察官という方もいらっしゃいます。

メールで無料相談 電話相談はこちら

別れさせ屋の対象者が教師の場合

別れさせ屋の対象者で、教師という職業は比較的多いです。他の職業に比べて他業種との交流が少ない閉鎖的な環境であるという事、そして他業種との関わりが少ない代わりに、他府県の教師と定期的に交流会などを行うなどで男女の出会いが多いという事があげられるでしょう。

別れさせ屋 教師

別れさせ屋を進める上で、男女の出会いが多いという点は別れさせにとってはプラスです。ただし、それは同時に別の人間と恋仲に発展する可能性もあります。別れさせ屋を行う場合、それはリスクでもあります。

また教師間の恋愛ともなるとお互いの仕事への理解も深いでしょうから、もし依頼者様が他業種である場合、対象者がどういったことを望んでいるのかなどを理解するよう努めなければなりません。

経験上、教師の場合、多少閉鎖的な空間であるという事で対象者らが多少偏った考えを持っている場合も少なくありません。それは、純粋に教師という立場を全うしようとする強い意志の表れでもありますが、また一方では少し世間知らずというところも感じられます。

そういった部分をフォローしたり、認めてあげたり、対象者の支えとなるような行動をとっていくことが別れさせ屋の第一歩でしょう。

退勤時間がポイント

また、教師の場合、退勤時間が比較的一定というのもポイントの一つです。別れさせ屋の接触を目指すときに、対象者の退勤時刻が一定でないのはマイナスです。

一定であっても夜遅くだったりすると、接触が不自然になってしまいます。早めの時間に切り上げられ、夕方以降の行動に制限のない生活をしている方が一番接触のポイントがあります。そういった点で、教師の別れさせ屋は退勤後の行動時間も長くできるでしょうから、接触という点でそこまでナーバスにならなくともよいでしょう。

ただし夏休みや部活動の担任をしているなど、特別な役職についている場合は、通常とは異なる動きをする場合もあります。
また、徒歩・自転車・バスなどの場合、通勤や退勤途中での接点も視野に入れることが出来ますが、車移動の場合はドアtoドアの移動になってしまうことが多く、別れさせ屋の接触ポイントは考えなければなりません。

ただし、学校の退勤時の場合、車両であれば駐車場の出入りを見ていればよいのですが、徒歩等の場合出口が複数に設定されている場合が多く、出勤時間帯にどの出入り口を使用するのかなどの事前準備を行ってから工作を進めていく必要があるかもしれません。

お問合せ メールで無料相談 電話相談はこちら

別れさせ屋の対象者が役所勤務の場合

役所勤務の公務員は、比較的出勤時刻・退勤時刻などの勤務時間が把握しやすいという点が挙げられます。退勤時刻の把握はとても重要なポイントです。

別れさせ屋 役所

残業が多く大体仕事終わりが終電近くなってしまったり、過酷な労働職種だと会社に宿泊するというケースもありますが、公務員の場合はそういったリスクは比較的低いと考えられます。

特に役所勤務の場合、市役所などへ行けば対象者の出勤を確認できるケースもあります。市役所内は開けたフロアになっていることが多く、容姿が分かれば出勤確認なども容易です。

スタッフ毎に名札を下げているようなところもありますから、場合によっては容姿確認も可能なこともありますが、長時間同じ場所で確認し続けることは困難です。また席についているなどで名札を確認できる可能性は高くありません。

さて、役職や業種にもよりますが、基本的に退勤時刻は定時であることが多いです。残業はあっても1~2時間ということが多いので、比較的退勤した後の時間に余裕のある方が多いのが特徴です。

立ち寄り先はウィンドウショッピング、外食など、対象者自身に帰依するものもあれば、保育園へ迎えに行ったり、スーパーで家族の食事を作る材料を購入したりなど同居人に影響を受けた行動もあります。
この辺りは対象者の人間関係や状況、性格によっても異なるでしょう。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする

別れさせ屋の対象者が警察官の場合

警察官が対象者となる場合、非常に難しくなります。というのも、周囲を警戒したり気にするということが常日頃から身についているからです。

別れさせ屋 警察

もちろん警察官と一言で言っても、その業務内容や役職によって全く異なるでしょう。
交番勤務等、まだ日が浅かったり責務の比較的軽い仕事についている者と、日ごろから尾行・張り込みを行い事件解決等に関わっている者とでは大きく異なります。

勤務時間が読めない・警戒心が高いということから、警察官を対象とした別れさせ屋を行うことはほぼありません。
警察官と、他職種の人間が付き合っていたとすれば、もう一方を対象として行っていった方がスムーズに進む可能性があるからです。

職業把握のほかにも意識すべきポイントがあります。それは先ほどお伝えしたような人間関係であったり、既婚者であるかどうか、また子供がいるのかどうか、対象者が家事をしなければならないのかなどによっても行動パターンは異なってくるでしょう。

お問合せ 見積を依頼する 資料請求をする