別れさせ屋で遠距離恋愛のカップルの時

別れさせ屋の対象者二人が遠距離恋愛をしているが、難易度は高いのだろうかという質問をよく受けます。

別れさせ屋で遠距離恋愛のカップルの時

弊社は全国を飛び回っていますが、大阪-東京、仙台-東京、福岡-大阪といった遠距離恋愛をしている二人の別れさせ屋の案件は意外と多いのです。

遠距離恋愛の場合、確かに難しいこともあります。例えば、対象者の一人の身元情報が全く掴めていないときです。遠距離恋愛ですから、なかなか二人は会いません。

二人がいつ会うか分かっていれば良いのですが、その予測もできない場合は、やっかいなことになります。その場合は、情報が揃っている対象者に絞り、工作を進めていくなど工夫をしていく必要があります。

工作において三角関係を演出していくといったことも、遠距離恋愛の場合は、使えない可能性もあります。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする

遠距離恋愛だからこその工作メリット

一方で、遠距離だからこそのメリットもあるのです。頻繁に二人が会っていれば接触が困難で隙も少ないですが、離れているために接触の機会は多くあります。

他にも対象者それぞれが遠距離だからお互いの行動が見えない。またお互いの日々の意思疎通ができていないために隙が生まれやすい。

そもそも対象者のいずれかが隠し事をしている可能性もあり、接触しようと行動調査していたら発覚したというケースもざらにあります。

遠距離カップルは不安を抱えている

さらに、遠距離恋愛の場合、お互いが常に二人の関係に不安を抱いていることが多い。離れていることによる漠然とした不安から、それぞれが抱えるそれぞれの生活の問題などがあります。

別れさせ屋において、こういった対象者らが抱えている不安感は大いに利用できるのです。遠距離恋愛のケースは、対象者の情報量や現在の二人の状況を特に詳しくご説明ください。

お問合せ 見積を依頼する 資料請求をする