不倫相手を切る場合の慰謝料

不倫相手が妻との離婚を求めてこなければ、不倫もうまくいくでしょう。しかし、バランスが崩れたときに、トラブルが発生します。

不倫相手を切る場合の慰謝料

愛人や不倫相手が探偵に頼んで調べたり、別れさせ屋に依頼して夫婦の別れさせ工作をするという話があるわけですから、いつまでも都合の良い存在でいるとは限りません。

例え、最初のうちはお互い納得していても、不倫相手の気持ちは日々変化するものです。
いざ不倫相手を切る段階になって別れ話をしても、相手がすんなり納得するとは限りません。これまでの年月を返せと慰謝料請求をしてくるケースもあります。本気でなくても駆け引きの1つとして話を持ち出す浮気相手もいるでしょう。

不倫の代償は大きいと言いますが、早めに手を打ち探偵や別れさせ屋に相談することで、最悪の事態を免れることもあります。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする

愛人に慰謝料を払うべきケース

さて、通常であれば、慰謝料を請求されるのは不倫した側、つまり浮気相手のほうです。不倫のことがばれてしまえば、あなたにではなく、妻に慰謝料請求されるのです。

ただし、あなたが独身と偽って不倫していれば、不倫相手に罪はありません。不倫相手に対してどのような発言をしたかにもよりますが、嘘がばれれば、不倫相手はあなたに対して慰謝料請求してくるでしょう。

また、夫婦関係が破綻していると嘘を言って、不倫相手に結婚までにおわせていたとすれば、これも慰謝料等を請求されてもおかしくはありません。

不倫の代償として、その慰謝料が相場であり、それで愛人が納得して別れてくれるのであれば、おとなしく支払うべきでしょう。探偵や別れさせ屋に依頼しても、慰謝料程度の金額はかかってしまいます。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする

愛人に慰謝料を払うべきではないケース

問題は、慰謝料を支払う必要がなく、そしてその要求額が法外な場合です。不倫相手や愛人は、あなたに支払い能力がないことを分かった上で、多額の慰謝料を要求してくるときです。

「奥さんと離婚しないならば慰謝料を払って。私はあなたと不倫していたから、タイミングを逃して結婚ができないかもしれないのだから」

払えない金額を要求して、奥さんと離婚できないのであれば、全てをばらす。言われた側にとっては、脅迫のような話で、警察にでも駆け込みたい気分でしょう。

不倫相手に慰謝料を払うべきではないケース

しかし、これも不倫の代償で、第三者にしてみれば、あなたに同情する人は決して多くないはずです。
ましてや、ほとんどの場合、愛人や不倫相手は失うものがあなたより少ないのです。抱えるものがたくさんある方が不利で、突破口を探して探偵や別れさせ屋に相談するのです。

不倫相手との接し方

とにかく不倫相手と別れたい、慰謝料等の対応はどうすればいいかという相談が後を絶ちません。このようなケースでは、不倫相手や愛人と慰謝料の金額を交渉しては逆効果になります。

あなたとしては、現実的に支払える金額を提示することが誠意と思うでしょう。しかし、愛人や不倫相手は金額の問題ではないわけですから、そこまでして別れたいのかと苛立ちを覚え、火に油を注ぐようなものです。

不倫の代償や慰謝料等はその場しのぎで考えても解決には向かわないでしょう。
不倫のことを妻にばらしたら、おまえも慰謝料請求される。こんな具合に逆に脅そうとすれば、さらにやっかいなことになります。

不倫相手や愛人はそれを覚悟で、迫ってきているのです。弁護士などの第三者を立てて正面突破をしようとすれば、感情を逆なでするだけです。

このような時は、不倫相手や愛人に対して工作を行うだけでなく、どう接していくかも重要です。別れさせ屋は工作だけを考えているわけではありません。あなたの対応もアドバイスしながら、進めていきます。

お問合せ 見積を依頼する 資料請求をする