息子や娘を離婚させたい

大切なご子息・ご息女に離婚してほしいというご相談は近年増加傾向にあります。自分の子供を配偶者と離婚させたいと思う理由は様々で、主なものをまとめてみました。

子供の妻・夫と別れさせたい

子供が選んだ人だから…と結婚を許したものの、子供の夫や妻がどうしても好きになれなくて、自分の財産を絶対に渡したくないと考える人は珍しくありません。

結婚すれば子供は親元を離れますが、いずれ親の財産は子供に相続されるわけですから、例え子供のこととは言っても他人事ではありません。子供に相続されるということは間接的に配偶者にも相続されます。とくに配偶者が浪費家であったり、お金に対する価値観が違えば、絶対に渡したくないと思うはずで、それが別れさせたいといった動機になるわけです。

また、孫の可愛さといった理由もあるでしょう。最近では、自分の子供を虐待したり、放置する嫁が増えていて、そのようなニュースを目にする度に、孫のことを心配して相談してくる方が多いのも事実です。

この嫁に任せていたら孫の未来は…と考えれば不安が大きくなり、別れさせ屋にたどり着いてもなんら不思議ではありません。

お問合せ メールで無料相談 電話相談はこちら

長男特有の問題と工作方法

依頼の傾向としては、わが子を心配する親の中でも、息子特に長男を嫁と離婚させたいといったケースが大半を占めています。

一人っ子の場合、息子やその妻に大きな期待を抱いている親は非常に多いですが、その期待の分だけ落胆することがあるのも事実です。さらにゆくゆくは親の財産すべてがそこに渡ることになるので、子供の妻に対して非常に神経質になるのも理解できます。

また長男が家を継ぐ、血筋を残すという意味合いで、一緒に住むあるいは二世帯にしたが、嫁との生活が合わないなども理由の一つとして挙げられます。

長男特有の問題と工作方法

弊社の別れさせ屋工作では、このような家族内の問題に利害関係のない善意の第三者として入り込み、苦しまれている息子さん娘さんをその夫や妻と別れさせるように仕向けていきます。

例えば長男の別れさせの場合では、工作員は長男としての立場や気持ちを理解できる人間をセレクトして、接触をはかっていきます。妻と母親の間で板挟みになるつらさや格式の違いからくる家同士の問題など長男だからこそ抱えているであろう悩みを話の中で引き出しながら、別れたいと思わせる、別れに至らせる勇気などを芽生えさせていきます。

親の意見は頑なに聞く耳を持たなかったけれど、第三者であり、同じ経験を重ねた同じ立場の長男の意見だからこそ、すんなりと聞くことができるのです。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする

親と子の考え方の違いを包有した工作

子供は成長し家庭を持つと家庭第一になりますが、親にとって自分の子供はいくつになっても子供のままです。しかし子供はもう自分は大人になっている、精神的に自立していると強く思っているものです。

子供には子供の世界やルールというものがあって、親だからこそ干渉されたくはないことがあります。
彼氏や彼女また夫や妻とは違い、血のつながりがある子供のことだからこそ非常にナーバスな問題であり、別れさせ屋工作を行っていくには、そのようなところに注意を配り進めていかなくてはなりません。

子供とその配偶者の離婚に関して悩まれているご両親の方々、弊社までお気軽にお問い合わせください。

お問合せ 見積を依頼する 資料請求をする