息子や娘の工作を依頼する方の傾向

探偵や別れさせ屋に依頼をしてまでも、娘や息子と交際相手を別れさせたい、離婚させたいと思う親はいるのか。
実は、想像以上に、このようなご相談は多く寄せられているのです。

息子や娘の工作を依頼する方の傾向

とくにここ最近は、一人っ子も珍しくありません。少子化や経済状況などの社会背景が影響しているのでしょうが、子供をたくさん育てるよりも、一人に集中して愛情を注ぐので、娘や息子に対する期待がものすごく強いのです。

相談から依頼までのパターン

ご子息を別れさせたい、離婚させたいと依頼する方の傾向は、まずは母親が相談してくる。そして、面談には父親を連れてきて、両親そろって依頼を決めるというものです。

母親がそれを強く望み、あまり乗り気でなかった父親が話を聞くうちに同調するという傾向にあります。

一方、娘を交際相手と別れさせたいと考えるのは、父親が多いです。息子の場合と逆で、父親がまずは相談して、依頼は両親そろってという傾向にあります。

比率では、約7割が両親そろって依頼者、3割が母親もしくは父親だけが依頼者で配偶者には工作のことを内緒にしているといった形です。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする

依頼する方が娘や息子にやってしまってはいけないこと

娘や息子と言っても、10代や20代前半というわけではありません。むしろ、20代後半から30代後半の結婚が絡んでくる年齢が対象になることがほとんどなのです。依頼者の年齢は、50代60代が中心です。
とにかく頭ごなしに交際や結婚を反対してしまって、余計に娘や息子の気持ちを頑なにさせてしまっている傾向を強く感じます。

依頼する方が娘や息子にやってしまってはいけないこと

娘、息子のことを一番に考えているのは誰か。それは親であり、話せば必ずやその思いは伝わる。娘・息子の別れさせを依 頼する方のほとんどはこう考えています。

それは間違っていません。しかし、ただでさえ子供は親の言うことに反発しようと動くものです。
そして、ほとんどの依頼者の方が、娘や息子の人格や考えを尊重しなかったり、論理的な説明もなくやみくもに否定したり、今まで育ててきたことを恩着せがましく言ってしまっているのです。

親の意見は反発を招く

ご子息の別れさせを依頼する方はとくにこの傾向が強く感じられます。家を継ぐ、血筋を残すということまで話を絡めてしまい、親のエゴを押し付けてしまうのです。こうなってしまうと、交際相手とのことだけでなく、ご子息は全てに対して反発します。
依頼者のほとんどが、娘・息子の別れさせ工作を行う中で、子供との関係を取り戻す必要があると感じることもしばしばです。

大切に育てたご子息やご息女と交際相手を別れさせたい気持ちはよく分かります。賛成もできないでしょう。しかし、反対するだけでは、余計に二人の関係は近付いてしまいます。
賛成も反対もしない。ニュートラルなスタンスで接することです。具体的な方法については、別れさせ屋にご相談ください。

お問合せ 見積を依頼する 資料請求をする