別れさせ屋の対象者が娘・息子の場合について

娘・息子の別れさせを願う親が増えています。

娘・息子を別れさせたい

健全ではない交際であったり、結婚相手として納得がいかない方が殆どです。
ここまで愛情を持って育ててきたのに、子供の人生が台無しになってしまう。そう切に願う親の気持ちは本当に分かります。

しかし直接伝えた所で、成人した子供というのは言うことを聞かず、ほとほと困り果てていることでしょう。
ケース別に見てみましょう。

娘の別れさせ屋

娘を、交際相手の男と別れさせたい。悪い男にだまされている。このままでは将来が不安。しかし親が説得しようとしても、本人は聞き入れる耳を持たない。むしろ、血縁関係があるからこそ、親の言うこととは逆に進もうとする。そんな時に、善意の第三者が働きかける工作が有効となるのです。

多くの事案では結婚がからんでおり、だからこそご両親も心配になるのでしょう。これは一生の問題であり、あなたの人生にもかかわってきます。放っておくと手がつけられないような状況になることもあります。早いうちに手を打っておくのが得策です。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする

息子の別れさせ屋

息子は、交際相手が別の顔を持っているなんて考えもしていない。このまま結婚してしまえば、10年後20年後に後悔するに違いない。そんな親心から、別れさせを考えるようです。

親が干渉することをうけ、交際相手の女性は「親のいう事を聞く男なんて」と対峙します。男性もプライドがありますから、親の言う事を聞くより、女性に従おうとなるのです。しかしそれが正しい選択かどうかといえば、間違っていることも多いのです。

どういった状況で別れないのか、その点をまずは探らなければなりません。意地や反発心だけの理由で別れないのあれば、長い目で見ると、後々後悔することになるでしょう。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする

娘・息子の交際相手の両親を説得する

ご相談者様ご自身で別れさせることができない理由として、本人達の問題以外に、相手方の両親があります。

両親を説得する

こちらは夫婦そろって反対しているのに、相手の両親が歓迎しており好意的に接していれば、本人らもそちらへつく。このような状態となった時、もちろん本人に直接別れさせ屋を行っていく方法もありますが、両親を攻略するのも一つの手です。

その他、状況に応じて様々な手法が考えられます。まずは一度ご相談ください。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする