二股、三角関係のケースの別れさせ屋

別れさせ屋の二股、三角関係のケースでは、おもに浮気相手の側からの依頼が多いと言えます。ただ、浮気相手と別れさせたい、自分が浮気相手と円満に別れたいということでご依頼される方もいらっしゃいます。ここでは、浮気相手の側からのケースについて説明します。

別れさせ屋で二股や三角関係をやめたい

別れさせ屋で二股や三角関係をやめたい

二股、三角関係においては方法が気になる点だと思いますが、工作員が対象者と仲好くなり、本命と別れさせて落ち込んでいるところに浮気相手が本命に昇格する、または、本命の方に工作員を近づけて好きにならせて対象者と別れた後に別れる、という形が王道と言えます。その中でよく頂く不安点、疑問点について解説します。

二股や三角関係をやめさせる方法

このようなケースでは既に浮気という事実があるわけですので比較的接点を持ちやすいと考えることもできます。

対象者との接点を作ることは作戦上一番重要な部分になりますが、少なくとも浮気心が全くない人間と比べて可能性は高いといえるでしょう。

また忙しくて時間がなさそうですが、そういう方はえてして時間の作り方がうまく、ノリも悪くないことが多いので全く異性の気配がない人間よりはやりやすいといえます。

二股や三角関係をやめさせる方法

一見、本命の方を対象としたほうが簡単に見えるかも知れまえせんが、本命が二股、三角関係を認識していない限り、自分が浮気されていると思わないので一途に対象者以外に目を向けない場合もあります。

認識している場合は、腹いせに自分も二股、三角関係に・・・と考える場合もありますが、そこは見えない部分です。対象者を誰に設定するかは、接触のしやすさや対象者の環境にもよりますので事前調査や面談の上で決定していきます。

別れさせ屋は柔軟に方法を考える

一番難しいのは、二股をかけられようが何をされようが絶対に別れない、許してしまうというケースだと思われます。

借金があろうが、リストラされようが、女が何人いようが、それでもいい、と言われると問題を起こした方の側から別れるのは難しくなります。そういう場合は方法を変えたり対象者を変えつつ、長期戦で考える必要があるでしょう。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする