不倫相手に別の交際相手がいるとき

浮気や不倫をする人にはいろいろなパターンがありますが、不倫であってもそれが愛と思うがゆえに悩んでいる方は多くいらっしゃいます。

不倫相手に別の交際相手がいるとき

家庭は大切だから離婚する気はない。でも愛人も自分だけのものであってほしいと考える人は多々います。
愛人に自分以外に交際相手がいるから、別れさせたいという相談は意外と多いのです。

浮気相手に別の交際相手がいるとき

不倫関係であっても、好きな気持ちは普通の恋人と変わりはありません。だからこそ独占しておきたいと思うのです。

また、愛人に交際相手ができることで、依頼人は本命ではなく浮気相手になってしまう可能性もあります。
そのような立場になることは焦りを生んだり、耐え難い気持ちになります。

恋人に心のよりどころを求める

浮気相手や愛人の立場では会う時間や連絡の頻度が限られ、周囲の目などの社会的な制約があるだけではなく、精神面でも独身同士の恋人に比べ我慢することが多いです。

特に女性はいつまでも愛人のままでは満足できない生き物です。
だから他に心のよりどころを求めて、例え依頼人のことが好きでも交際相手を作ったりしてしまうのです。

三角関係のそれぞれの心境

愛人に交際相手がいたからといって、依頼人は自分が既婚者であることから、それを責めることはできません。
愛人に対して交際相手と別れてほしいと言ってしまえば、「交際相手と別れるからあなたも離婚して」と見返りを求められるでしょう。

愛人は依頼人が離婚できないことを分っているので、その場しのぎで離婚を口にしたとしても、見透かされるだけで通用しません。簡単に離婚を口にすれば、愛人を怒らせるだけで結果的に交際相手との関係がより親密になってしまうことも多いのです。
このような事態を避けたいので、依頼人は別れさせ屋や探偵社に別れさせ工作の相談をするのです。

お問合せ メールで無料相談 電話相談はこちら

交際相手と別れさせるためのポイント

今回のケースでは、愛人が不倫している事実を知って交際相手が付き合っているのか。それとも知らないのかがポイントになってきます。

愛人が交際相手に不倫の事実を隠して交際していれば、その事実を交際相手が知ったときには別れる原因になるかもしれません。

交際相手と別れさせるためのポイント

また、交際相手が不倫の事実を知って付き合っていても、二股状態では満足できるはずもないので、交際相手は今の状況に納得できることはないでしょう。そのため交際相手も別の女性に目を向ける可能性があります。
このように二人の付き合いには不安定な部分があり、それを別れの切り口にすることができます。

自分と不倫相手との関係

工作のプランは人によって異なりますが、別れさせ屋や探偵社が工作を行うことで依頼者は関与する必要がなくなり、愛人と関係が悪化することはなくなります。

今回のケースでは、自分の願望に疑問を抱きながら悩んでいる人もいるのではないでしょうか。不倫をしていることでさえ良からぬことなのに、さらに我儘な考えをしているのではないかと。

しかし、弊社のように数々の別れさせの依頼を受けてきた探偵社だからこそ、このようなケースにも対応でき、唯一の味方となれるのです。
ひとりで悩まずにまずはご相談してみてください。

お問合せ 見積を依頼する 資料請求をする