浮気が本気になる前に

探偵業と不倫問題は切っても切れないものです。不倫問題を考える上では、本気・浮気・割り切りといった当事者のスタンスの見極めが肝要です。世の中の移り変わりとともに不倫の形態や出会い方は変わってきますが、スタンスに関してはこの3つに集約されるのです。

浮気が本気になる前に

ところで探偵の基本と言えば浮気調査ですが、近年では浮気調査を行ったあとに別れさせ屋工作へと移行するケースが多々あります。夫を愛人と別れさせたい、妻を不倫相手と別れさせたい…そういった要望に応えるのが、探偵社が行う別れさせ屋工作です。

本気・浮気・割り切りの違い

不倫相手や愛人と別れさせたい、というご相談ではいくつかポイントがあります。そのうちの1つが上記のスタンス問題。つまり”配偶者や不倫相手がお互いのことをどう思っているか”なのです。

これは大きく分けると以下の4つになります。
1.不倫相手も配偶者も互いに本気になっている。
2.配偶者からしてみればただの浮気で不倫相手が一方的に本気になっている。
3.愛人はただの浮気、遊びと割り切っているが、配偶者は本気である。
4.お互いに愛人関係として割り切り、本気にはならずに楽しんでいる。

これら4つは、言葉こそ似たようなもので形成されていますが性格は全く異にするものです。

お問合せ メールで無料相談 電話相談はこちら

別れさせ屋は男女の気持ちの温度差を計る

夫や妻といった配偶者と、不倫相手との気持ちの温度差。
別れさせ屋が相談者様の不倫問題と向き合う際には、まずこの点に着目します。対象者をどちらにするか、別れさせる方法はどうするか…そういった問題に関わってくるからです。

別れさせ屋は男女の気持ちの温度差を計る

例えば割り切りの関係で交際している男女はリスクを何よりも恐れます。元々家庭を壊してまで愛人関係を維持する気はないので、ばれそうになればすぐに手を引きます。大人の関係を重視するタイプですね。

本気の不倫は難易度が高い?

お互いに本気になって不倫をしている場合。(えてして当人たちは不倫というより恋愛をしていると思っているものですが…。)

別れさせ屋が工作を行う上でこれが一番やっかいに見えます。自分のケースはこれに当てはまるから別れさせたいけど難しいかも…そう思われる方もいます。

しかし本気だからこそ、ちょっとした問題で真剣に悩みます。真面目なタイプの二人が陥るパターンです。別れさせ屋が工作で作り出したちょっとしたキッカケが二人の気持ちを揺さぶります。
真面目だからこそハマりやすい面もあり、想像よりも工作はスムーズに進むことが多いのです。

本気の人と浮気の人

あとはどちらか一方が本気、もう一方が浮気もしくは割り切りというケースです。ここでは先述したように温度差が存在します。男女のうちどちらが本気でどちらが浮気なのか。

男性が遊びと割り切って交際しているが女性の方が本気になっている、そういった構図が多いです。逆のケースでは女性が水商売などをしていて、半ば客として交際している場合があります。

本気の相手には感情に訴え、割り切りの相手には理論的にリスクを知らしめる。このように対象者に応じて別れさせる方法は変化させていきます。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする

浮気は放っておけない

また浮気と割り切りには違いがあります。本人がどこで線引きしているかにもよりますが、浮気は本気へと移行する可能性があるのです。

浮気は風邪と似ています。誰でもかかるもので、放置しておくと徐々に重症化していきます。

CMの決まり文句じゃないですが引きはじめに対処するのが肝心です。放置すれば抜き差しならない状況にまで追い込まれる恐れもあります。
不倫相手、浮気相手と別れさせたい、と思ったときには、スピード重視で早めに工作を仕掛けていくのがセオリーなのです。

別れさせ屋のFAX探偵ドットコムは、不倫関係にある男女の気持ちの有様を考慮し、工作方法を検討していきます。ご相談・見積は無料です。お気軽にお問い合わせ下さい。

お問合せ 見積を依頼する 資料請求をする