別れさせ屋工作の成功事例・失敗事例

探偵や別れさせ屋に工作を依頼する上で、一番気になるのが、成功事例・失敗事例でしょう。

別れさせ屋工作の成功事例・失敗事例

別れさせたい、自分自身が別れたいなど人によって目的も状況も異なり、またターゲットの職業や移動手段、情報量など全く同じ案件はありません。
過去の別れさせ屋工作の成功事例・失敗事例をいくら聞いたとしても、自分に当てはまるとは限らないわけです。探偵や別れさせ屋が工作に着手して、実際に進めていく中で、新たな事実が分かることもあるでしょう。想定外のことが起こるかもしれません。対象者のちょっとした動きや反応一つで、展開も大きく変わったりします。

そのため、ここでは、依頼前に焦点を当てて、成功と失敗の分かれ目はなにかを説明したいと思います。対象となる人を警戒させたことで、失敗してしまったケースは目立ちます。

例えば、既婚者男性と不倫をしていて、夫婦を別れさせたいと考えた。離婚してほしいという自分の願望を頻繁に伝え、同時に妻のことを根掘り葉掘りしつこく聞けば、既婚者男性は何かするのではないかと身構えてしまいます。

さらに、妻がどんな人か知りたいからと後先考えずに直接見に行ったり、尾行したりして、それを妻に目撃されてしまうケースもあります。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする 当社が選ばれる5つの理由

別れさせ屋工作の成功と失敗の分岐点

別れさせたい夫婦二人ともに警戒されてしまっては、別れさせ屋の行動も制限されてしまいます。夫が不倫していることを知り、問い詰めたくなる気持ちも分かります。不倫相手のことを毎日のように聞いたり、探ったりすれば、夫も警戒します。それを聞かされれば不倫相手も同じように警戒するでしょう。

別れさせ屋工作の成功と失敗の分岐点

相手が油断していることが、成功のための一つの条件です。不倫相手や浮気相手のことが気になったとしても、全く気づかない振りをする。鈍感を演じるのです。成功事例の多くは、相手の油断にあるのです。

情報量も成功と失敗を分ける重要な要素です。もったいないのは、彼氏に振られた時に、自宅住所から写真まで、個人情報を全て捨ててしまったような場合です。時を重ねて、元彼と復縁したいと思った。しかし、元彼には現在彼女がいる。そんな二人を別れさせたい。このような場合は、元彼の自宅などもう一度調べなくてはなりません。

しかし、情報が不足していて、元彼の居所さえ突き止められず、失敗に終わってしまったケースもあります。必要最低限の情報を得るために費用がかかり、予算的にも無理になり、工作を行えないこともあるのです。
無理に情報を集めようとして、対象者に疑われたり、警戒されれば、失敗事例に該当します。リスクのない範囲で、少しでも情報を集めておくことが成功の決め手になることが多いのです。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする 当社が選ばれる5つの理由

成功に近付けるための心構え

また、探偵や別れさせ屋に相談するとき、自分に都合の悪い話、恥ずかしい話だからと隠し事をする人もいます。これも失敗する原因となります。

落とし穴に気付かず、別れさせ屋が工作を進めてしまえば、効果的な対策はとれません。成功に近づくためには、自分に不利益な話でも、包み隠さず話しておくことが必要なのです。

ご相談いただければ、より詳しく成功事例・失敗事例をお話します。できる限りあなたに似た状況の事例を使って、ご説明します。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする 当社が選ばれる5つの理由