別れさせ屋工作で失敗しない為に!

別れさせ屋工作というものは100%成功するものではありません。
ウェブ上に記載されている失敗例や、他社で失敗して弊社に再度依頼されてきた方の体験談を基に、失敗しない為の対策を考えてみたいと思います。
別れさせ屋の失敗例を調べていると、ウェブ上にこんなものがありました。
依頼者は不倫関係の男性と結婚するために、現在の奥様と離婚するようにその男性に迫っている最中でした。そんな時に別れさせ屋の存在を知り、工作を依頼されたそうです。
依頼した探偵社が提案した方法は以下でした。

別れさせ屋 失敗

「依頼者と男性の密会現場を数回動画に抑え、不貞関係の証拠を奥様に暴露する。」といった内容です。
結果はというと、暴露された奥様の逆鱗に触れてしまい、依頼者と男性は慰謝料を請求されてしまいました。
更には誓約書を書かされ、依頼者と男性は会う事すら出来なくなってしまったようです。

他社で行われた工作の失敗例

この工作を行った会社がなぜこのような方法を用いたかは分かりませんが、あまりにも安易で危険すぎます。また、別れさせ工作というものをどういうものか知らない依頼者は、プロの提案をそのまま受け入れてしまう事が多いのです。 少し考えればこのような工作を行った結果がどうなるのか想像できるはずです。
工作はリスク管理と情報収集、そしてその情報を基にした筋書きが大切です。
間違えても依頼者が不利になってしまうような工作方法を提案してくる会社には、依頼しない事をお勧めします。

メールで無料相談資料請求をする

弊社に依頼された方の他社での失敗談

弊社に依頼される方の中には、別の会社で一度失敗した方もいらっしゃいます。
そんな依頼者様から聞いた他社での失敗談をご紹介します。
依頼者様は別れた彼女と復縁を望んでいました、しかしその彼女には新しい彼氏がいて、その彼氏と別れさせたいという依頼でした。
他社に依頼した時に提案された方法は以下でした。
「彼氏に女性工作員を近づけ、肉体関係を用いた色仕掛けで2人を別れさせる。」というものです。
依頼者様は面談中にその会社の女性工作員50人の顔写真を見せられました。うちにはこれだけの数の女性工作員がいると。
その写真を見て依頼者様は安心してその会社に依頼されたのでした。
しかしそこには大きな落とし穴がありました。
工作を終えて結果を聞くと、散々な事になっていたのです。
まず工作員が彼氏に接触した所まではいいのですが、道端で逆ナンパのような形になり、彼は警戒してしまいました。更にその出来事を彼は彼女に話したため、復縁を迫っていた依頼者様とリンクされてしまい、彼女は警戒してしまいました。 今では依頼者様は元彼女と連絡を取ることすら難しくなってしまったのです。
会社によっては社員数が何十人、何百人と記載されている所があります。しかし、そのほとんどが形だけの登録制のアルバイトで、実際のところまともな工作は行えないでしょう。
また、肉体関係を用いるやり方は法に触れてしまう可能性もあります。
その為、実際には肉体関係を持つことはしないと思われます。
工作の結果に納得できなかった依頼者様は料金の返金を求めましたが、返金は無かったようです。
泣きっ面に蜂の状態で依頼者様は弊社に依頼する流れになりました。
弊社では状況を聞いたうえで、対象者らの警戒が解ける程度の期間を置き、彼女へ同性接触を行いました。
その後、彼女と食事などを通して悩み相談などを受ける関係になりました。
そして見事に2人を別れさせることが出来たのです。

別れさせ工作というものは「北風と太陽」のように、直接的な攻撃よりも、間接的に攻撃する方が効果が高かったりもします。
他社のような失敗をしない為にも、弊社では依頼者様と密に連絡を取り合い、状況を把握して最善の策を実行するよう心がけています。

メールで無料相談資料請求をする