金銭トラブル
ネットで知り合った相手の場合

弊社に問い合わせがある金銭トラブルの中で一番多いのがオンラインで知り合った相手にお金を貸したという事例です。
相手の身元が明確でない状況で金銭貸借をするため、のちに関係が悪くなった際、身元が分からなくなってしまったというケースが非常に多いです。知っている情報は携帯番号のみで、氏名も本名か分からないといったことはないでしょうか?とくに最近はSNSなどの利用者が増えており、そこで知り合った相手にお金を貸すということもあるでしょう。またそのほとんどが異性間によるものです。

男女関係というものは気持ちのつながりが強く、その時は問題なかったとしても関係に亀裂が入れば、会うことも難しくなってしまいます。
その状況で返済を促すのは難しく、また出会いの場がインターネット上であれば探し出すのも難しくなるでしょう。これはSNSに限らず出会い系サイトや婚活お見合いサイトなどでもよくある事例です。

対処法

まず相手の身元を明確にすることです。氏名・生年月日・住所・勤務先はご存知でしょうか?ネット上での付き合いの場合、不足している情報があると思います。金銭回収をする上で相手の身元は最低限必要な情報です。住所がわかっていたとしても引っ越されてしまうと回収できなくなります。ただ勤務先がわかっていればそれを避けることができるでしょう。身元を知るよりも、現在の居場所を知るのが先決です。

弊社では回収業務は行っておりませんが、相手の身元を特定するといった調査業務はお手伝いできます。
急いで回収をしようとするのではなく、足元を固めることをお勧めいたします。お問い合わせの際は貸した金額、相手の情報量をお伝えください。

当社が選ばれる5つの理由