写真撮影

当社には元スクープカメラマンが在籍しております。
他社にはないカメラ技術を駆使し、ご希望通りの証拠写真を入手いたします。

不正行為の現場写真を撮影して欲しい
浮気現場・不倫現場の浮気写真・不貞写真を押さえたい
不倫相手の彼の奥さんの顔が見たい
彼の浮気相手を見てやりたい
別々に暮らしている子供が元気か見て安心したい
裁判に使えるよう、証拠写真を集めて欲しい
初恋の人が今どうなっているか見てみたい
気になるあの子の彼は自分よりもいい男なのか比べてみたい
生き別れた親が今元気なのか写真を見て安心したい
不倫相手の彼とデートしている時にその写真を撮ってもらいたい

以上のように証拠写真を撮ってほしいという相談の中で一番多いのが不貞の証拠が欲しいといったものです。

浮気の証拠写真とはどういったものなのか。

慰謝料請求などを行う場合、証拠というものが無ければなりません。
証拠とは興信所の報告書や写真、調査員の証言、メールや電話のやり取りや第三者の証言などが該当します。
不貞とはそのままズバリ、肉体関係を指すもので、証拠はその最中のものとなります。
しかし、現実的にそれを撮影するのは困難です。実際にそれを行ったとしても違法な手法で得たもののため、証拠にはなりません。
このようなものを用意することはできないため、それに該当するであろう写真を証拠とします。
該当するであろう写真とは、ラブホテルの出入りの写真や特定人の家屋に複数回出入りする写真です。
最中の撮影はできないため、第三者から見て不貞が行われていると判断できる写真が証拠となります。

ここで撮影に関して注意しなければなりません。

ホテルから出てくる写真を撮るとしても、そこがホテルだとわかるように撮影しなければなりません。
店名などがターゲットと一緒に写真に納まっていなければ、どこにいるのかがわかりません。
報告書や調査員の証言でカバーできますが、できれば一枚の写真で、「いつ」「誰が」「どこで」「何をした」というのがわかる形が良いでしょう。
このようにただ撮影するのではなく、証拠として成り立つものでなければなりません。
探偵は調査能力だけでなく撮影技術も必要なのです。

元スクープカメラマンだから出来る証拠写真取得。
他社には真似出来ないカメラ技術を駆使し、ご希望のものを撮影いたします。

当社が選ばれる5つの理由