ネットストーカー対策

インターネット上での嫌がらせのことをネットストーカーやサイバーストーカーなどと言いますが、ネット上だけでなく実社会でもストーカー行為をするというケースもあります。

初期の段階では掲示板やブログのコメントなどに誹謗中傷等をしてくるだけですが、それでも飽き足らなくなった際に嫌がらせも発展してしまうのです。

ネットストーカー

ネット上のものであれば放置をする、ブログを閉鎖するなどで対処できますが、実社会までに及ぶと、ご自身で対応できなくなります。

当社が選ばれる5つの理由

ネットストーカーの動き

初期段階はSNSやブログ等での接点を持とうとするでしょう。恐らく最初は害の無い行動です。
ただ怪訝に扱う、無視するなどを相手に不快な思いをさせた際に、ストーカーに変化していきます。

誹謗中傷や嫌がらせなど、本人が嫌がる行為を継続的に行います。
ブロックをしても新たなIDを作り、再度嫌がらせをします。友人公開等の限定にした際は、嫌がらせをする対象が別の場所(掲示板やその他関連するブログ)に変更されます。成りすましなどの行為もあるでしょう。個人情報を知っているのであればそのあたりの情報を暴露するなど、ストーキング行為は発展していきます。これらの行動は継続的に行われますが、放置しておけば時期におさまります。

相手の反応が無ければ、無力化していくわけですが、その分別の方法は無いかと探し出します。
オンライン上に公開されている情報をもとに人物を特定するというケースもあります。

最近ではFacebookなど本名で登録、勤務先や出身校などを明記している人も多いため、それらの情報から人物の特定をするケースもあるでしょう。このように個人を特定された場合に実社会での嫌がらせ行為へと発展していきます。

ネットストーカーは異性だけではありません。

ストーカーの法的な解釈は、「恋愛感情その他の好意」や「それが満たされなかったことに対する怨恨」というのが定義されているため、それ以外の付きまといや嫌がらせに関しては、ストーカー規制法の範囲外になりますが、あくまでも法律上で定義されたストーカーであり、それは異性同性に関係なく嫌がらせ行為はあります。

嫉妬心やその他の感情により、いやがらせに発展するケース、または同性愛者からの一方的な感情などもあるでしょう。必ずしも異性から受ける行為というわけではないのです。

現在の法的解釈

実害がないため警察も動けない。恐らく警察に相談したとしてもこのような対応をされるでしょう。

警察にもサイバー課というのがありますが、性犯罪や凶悪事件等でなければ捜査に踏み切ることができないのが現状です。

個人の写真や・氏名そのた情報をネット上に掲載されたとしても法的な規制や対策が現状ないため野放しの状態です。民事性が極めて高いため、行うのであれば管理者に問い合わせをするしかありません。

ある程度の情報をお持ちであるのであれば弊社でも特定作業のお力になれるケースもございます。
とくに実社会でもストーカー行為や嫌がらせが出てきているのであれば対策をすることをお勧めいたします。

当社が選ばれる5つの理由