ネットトラブル

スマートフォンの普及によりオンライン上でのトラブルは多く、そのようなご相談も多数受けております。
トラブルとして最も多いのが出会い系サイトやSNSなどの交流サイト上でのものです。
不特定多数と交流を持ち、また匿名のケースが多いため、ちょっとしたことが大きな事件を招くケースもございます。

以下、弊社で多く取り扱われるものと、対策事例です。

出会い系サイトトラブル

減少傾向にありますが、トラブルとして最も多いのが出会い系サイト上でのトラブル。
運営者だけでなく、サイト利用者同士でのトラブルも相談があります。相手が運営者なのであれば消費者センターや警察、または弁護士などに相談することで解決の糸口が見つかりますが、利用者同士の場合、民事性が高いため警察に相談をしても受理すらされません。弁護士に相談するにしても、相手の身元がわからないといったケースのため、動きようがありません。

ネットストーカー

実社会だけでなくオンライン上でもストーカー行為というものがあります。実害と呼べるものが少ないため、警察に相談をしたとしても対応してくれないケースがほとんどです。弊社でも対応できるものとできないものがございます。掲示板等で誹謗中傷を受けているためそれを辞めさせたいというものは、相手の身元を特定しうる情報が無ければ弊社としても対応できません。

SNS絡みのトラブル

サイトでの交流をもとにトラブルと発展するケースが増えてきております。
利用者も多いため、今後増加傾向になるでしょう。
オンライン上の情報から身元を特定できるケースもございます。

お見合いサイトのトラブル

出会い系サイトとは違い、深い交流を持つために使用する方が多いため、二人の関係に亀裂が入るなどがあった時に双方の努力で解決できないといったケースに発展することがあります。男女間のトラブルを当事者同士で解決するのは困難です。

サイトトラブル-傾向と対策-

出会い系サイトのトラブルだけでなく、オンライン上でのトラブルの一例です。近年ではSNSでのトラブルが相談の大半を占めております。身元を特定したい、復縁したいなどの相談もあります。

出会いのきっかけがオンライン上だと、共通の友人もいないため、関係が悪くなれば、連絡を取れなくなってしまう形になります。
仲介してくれる人間がいないため、二人で話し合えば余計に関係を拗らせてしまいます。
どのような対策が出来るのか、解決方法があるのか等、弊社で対応できるものがあるかもしれませんのでお気軽にお問い合わせください。

当社が選ばれる5つの理由