親や子供等、肉親の人探し

小さいころに生き別れてしまった肉親。
または家出してしまい現在の居場所がわからないという方。
ほとんどの方が関係を断ってからある程度の期間が経過しているケースです。
情報は常に変わります。期間が経つことで当時正確な情報があったとしても、現段階で使えるかどうかはわかりません。

例えば娘が幼少のころに離婚をし、20年ほど経過しているケースがあったとしましょう。

男性の場合結婚をしても氏名は変わりません。
女性の場合、氏名が変わりますので、元の名前と違います。
男性の場合においても籍を抜けますので、期間が経ってしまっていると探し出すのは困難になります。

離婚のケースであれば、一方の親を頼りにし、調査をすることで特定できます。
ただ、肉親の身元調査をする上で一番難しいのが、家出などの失踪により行方が分からないといった案件です。

親兄弟

失踪者と同じ扱いになるため、このケースでの人探しは、失踪した当時の状況から探し出していくしかありません。

・別れた時期、経過年数
・今ある相手に関する情報
・最後に連絡がついた時期
・予想される住まい
・行き別れることとなった理由

上記情報を整理することが先決です。
期間が短ければその分判明率も高くなりますが、経過年数が長かったとしても、情報次第で特定につながる可能性は高まります。
※DV法などに抵触するケースは弊社ではお受けできませんのでご了承ください。

<よくあるケース>
依頼人:対象者の元父親
対象者:当時三歳だった娘
相談内容:身元調査。離婚後17年の月日が経っています。

離婚事由は夫婦間の性格の不一致。親権者は母方で、当初は養育費等の支払いでつながりはありましたが、娘と会うこともなく、元妻が再婚を機に連絡がこなくなりました。その後も養育費を払い続けておりました。

別れてから17年。
親として今どうしているのか知りたいという気持ちで調査を依頼しました。

元妻に関してわかる情報は口座番号と旧姓、生年月日、実家住所程度です。
携帯に関しては解約されている可能性があります。
娘に関しては名前と生年月日と当時の写真程度しかありません。

対処法

ご令嬢の年齢は20歳ですので、結婚している可能性もあります。
ただ結婚をせず親と同居し学校などに通っていることも考えられます。

諸々を考えますと、まずは元妻の現住所調査を行う形となります。住所を特定後、居住者の調査。
同居しているようであればご令嬢の身元を特定することが可能となります。

実家から引っ越し、一人暮らしをしていたとしても調査は可能でしょう。
ただ問題はその後のアプローチです。

幼少のころ離婚しているため、事実を告げていない可能性があり、突然会えば関係を悪くしてしまうこともあるでしょう。
元妻と話し合う必要もあります。
これに関しては相談の上手法を検討する形となります。
場合によっては工作という手法を取るケースもございます。

そのためまずは現在の状況、探したい理由、探したい相手に関してどのような情報をお持ちなのかを教えてください。
ご相談は無料です。

当社が選ばれる5つの理由