恩師・同級生、初恋の相手の人探し

最近ではSNS経由で学生時代の友人と会うケースもありますが、皆が皆、それを利用しているとは限りません。

人によっては20年、30年と時間も経過しているため、自分自身で探すのは困難でしょう。
期間が短かったとしても、最近では個人情報の管理が徹底されているため、卒業アルバムなどを見ても特定するのは難しいケースもあります。

成人して引っ越している、結婚して姓が変わっているケースもあるでしょう。
このように時間が経ってしまうと探し出すのは非常に難しくなるのです。

学校

とくに小学校時代の恩師を探すとなると、年齢によっては生死の判断をまずしなければなりません。
死亡していると、調査結果を出すことができないからです。
生存の確認が取れたとしても、すでに教師を辞めている可能性もあります。

古い知人や初恋の相手を探すのであれば、まずは現在どのような情報をお持ちなのかを整理してください。

相手の情報に関して

・実家住所等は分かっているか?
・卒業校などを知っているか?
・最後に見かけたのはいつごろか?
・そのほか年齢等相手に関してわかる情報。

<よくあるケース>
依頼人:男性 25歳
対象者:女性 25歳

相談内容:対象者の現住所特定・素行調査。
小学校のころ初恋をした相手と連絡が取りたくなりました。
先日同窓会に参加したのですが、そこには現れず、友人と話しているうちにその想いが強くなりました。
ただほかの同窓の人に聞いても、詳しいことがわからなかったため、自分自身で調べられないと思い、調査会社に依頼をしました。

相手に関してわかっている情報は、氏名、当時の実家住所・電話番号、卒業小学校・中学校、生年月日程度です。
実家は5年ほど前に引っ越したようで、現在別の人が住んでいるようです。

対処法:15年程度経過している、また実家が移っている。
そのため、まずは現在の実家調査という段階を取らなければなりません。
年齢的に考えれば仕事をしいる、もしくは結婚をしている可能性もあります。
状況を知るために実家住所調査後は現住所調査という流れになります。

居場所の特定ができましたら、結婚の有無、勤務先を調べ、その後素行調査という形になります。
婚姻していれば会うのを諦めるという選択をする方もいらっしゃいます。
そのため一つずつ結果をだし、それ次第で継続するかどうかを判断していく形がよいでしょう。
料金の支払い方法も、行う分をお支払していただくシステムとなっております。

当社が選ばれる5つの理由