復縁屋:依頼の流れ

1.お問い合わせ・見積もり(匿名でも可)=相談と状況分析

復縁屋 相談

復縁したい相手との交際開始当時~別れにいたるまでの経緯、どのような人なのか、今は連絡がつくのか、接点はあるのか等をヒアリングし、それを元に多くの角度から可能性を分析します。

適切な方法、及び予算に合わせていくつかのプラン&料金、総合的に考えて一番効果的と思われるプラン、次いでこのプラン・・・と、いくつかのパターンを提案。 この際、予算がある場合は最初にお伝え頂ければ、それも加味して提案します。

調査は必要なケースとそうでないものがあるため、分析の上お伝えします。特に、相手と復縁サポーターの接点をどこで持つかの部分で必要かどうかが別れます。事前に、接触ポイントが見えている場合は、殆ど必要ありません。(勤務先が接客業、行きつけの店がある、行動パターンが固定されてる等。)

また、既に結婚してる、別の彼氏、彼女がいる場合は、別れさせ等が必須のケースもあるでしょう。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする

2.ご希望の場所で面談 (弊社事務所での面談は無料。都内23区での出張面談も無料です。喫茶店代だけご負担下さい。)

復縁屋 面談

これまでやり取りした担当者との面談へと進みます。面談には費用は掛かりません。
基本的に担当者はメインとサブで2名が付き、お話をお聞きしたり工作について説明したりします。

通常、相談者様に弊社事務所まで来社して頂く形となります。
レンタルオフィスなどで営業している復縁屋は、事務所を見られてそのことがばれたくないとか、スタッフがろくにいないことを知られたくないがために面談を喫茶店やカラオケボックスといった外で行うようですが、あまりおすすめできません。面談は復縁屋の規模や実際に事務所にスタッフがいるかどうか確認の場でもあるのです。

どうしても事務所に行く時間がないとか、遠方なので難しいといった場合は、ご相談者様が指定した場所で面談することも可能です。

契約関連の書類については郵送することも可能です。必要事項を記入していただき、締結が出来ます。自宅に届くのは同居者に見られるので困るといった方には、郵便局局留めで送ります。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする

3.内金のお支払

相談者様には個別にお見積書を作成して説明しております。それに合わせて初回稼働分を確保した金額のご入金となります。

銀行振り込み、カード決済、現金受領などに対応しています。前払いとなっておりますが、最初に予算の全額が必要ではありません。

ご入金の金額は、メールや電話、面談で打合せした上で決定いたしますのでご安心ください。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする

4.調査開始

復縁屋 調査

入金確認後、調査に入ります。結果は逐一報告し、その結果を基に方針を決めていきます。不必要なときは無駄な調査はご提案いたしません。必要な場合は、接触ポイントの特定を主眼においてのみ行うのがほとんどです。

サポートでは、工作員と相手の信頼関係の構築が非常に重要で、それを注意しながら会話の中で、さりげなく依頼人様のことを聞き出して良い印象に変えていき、現在の状況を聞きだしながらどのような引き合わせ方が良いかを決定していきます。

依頼後は、報告以外にも心のケア含めてほぼ毎日電話、メール等でのやり取りを行うケースが多く、プランについても途中で随時軌道修正しながら行っていきます。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする

5.再会、引き合わせ、サポート、アフターフォロー

再会、引き合わせ

工作員と相手との信頼関係の構築後に、再会、引き合わせ、復縁という展開になるでしょう。どういった方法がベストかは、どれだけ拒んでいるのか、乗り気なのか接点が持ちやすのか、それともそうではないのか…。様々の角度で総合的に判断します。

接点がない状況でも、整合性のつく理由付けを考えるのがプロの仕事。工作員という共通の友人が存在することで、その後の復縁へのフォロー、お互いから相談を受ける展開が可能になるのです。

復縁した後も、二人の間に全く問題がないわけではありません。空白の時間を埋めていくには、多少時間がかかるでしょう。工作員が自然にいなくなるのは、もう大丈夫というタイミング。自分がぎこちなくなってしまうので、最初は3人で会って欲しいなどの依頼も寄せられます。(やり取りを継続して引き受けることも可。)

当社では成功した方から継続的にアドバイスを求められます。やはり対象者の性格、状況をよく分かっている担当者、担当工作員に聞くのが一番、と理解されてるのでしょう。喧嘩やぎこちなくなってしまったりなどがありましたら遠慮なく相談ください。

お問合せ 見積を依頼する 資料請求をする