対象者別の復縁方法

対象者の職業、性格、生活パターンによって、復縁屋が選択する方法は異なってきます。

対象者別の復縁方法

例えば勤務先の規模が小さければ、勤務先で捕捉することは難しくありません。しかし高層ビルで出入口が複数あれば、それに伴って調査員が多数必要になってきます。

また、警備員が常駐していれば、マークされないように引き気味で張りこみをする必要が生じます。
このように勤務先の状況によって、捕捉率が落ちたり調査人員を増やす必要が出てきたりします。

またある程度退勤時間の絞れている公務員やOLなどであれば、比較的短時間の調査で捕捉が可能です。しかし、SEや医療関係、もしくは営業職で外回りから直帰の可能性もあるとなると、空振り率も高まります。

退勤時に捕捉ができたとしても、人と会ったり、いつも急いでいるなど接触ができない状況が続いた場合には、調査日を休日にシフトする必要性も出てくるでしょう。

このように復縁屋は、過去の経緯や別れ方、現在の二人の関係性だけではなく、対象者の職業や勤務先の状況なども考えて復縁する方法を検討していかねばなりません。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする

性格と復縁工作

基本的には、理想的なシチュエーションで接触を行うのが一番良いのですが、対象者の動きによってはそれが実現しないこともあります。

そのため事前にある程度の進度予測がつくのであれば、最低ラインとしての接触方法を事前に決めておき、最悪でもそれを満たせるように進めていくことになります。

性格と復縁工作

社交的なタイプの方が工作しやすいのではと考える人は多いのですが、単純にそうとは言い切れません。
社交的で柔軟性のある人の場合は、うまく言い逃れる能力も高いため、うやむやにされてしまうこともあるのです。

反面、内にこもりがちであったり不器用なタイプの人は、上手く入り込むことができれば、本音を探りやすかったりします。こちらの説得に対しても一つ一つを真剣に捉えたり対応してくれることが多いのです。とくにその傾向はうつ気味の場合に顕著です。

その「忙しい」は本当か

他には職業柄、復縁に不利・有利ということもあるでしょう。例えば、今恋愛をしているヒマが無くて、そもそも異性のことを考えられない…というほど仕事が忙しければ、すぐの復縁は難しいかもしれません。

しかし忙しいというのが口先だけで中身が伴っていない場合は「復縁したらデートしないとうるさいから」「復縁すると部屋を散らかしていたら怒られるから」といった第二第三の理由があるものです。逆にここの部分がクリアできれば復縁できるのです。ですから、相手の本心を聞き出すことがいかに重要なことかがわかると思います。

また、時間に余裕がある人の場合、浮気しやすいのではないかと思う方がいらっしゃいますが、浮気をする人は忙しくてもするものです。
実は時間の問題ではなく心の問題なのです。

お問合せ 見積を依頼する 資料請求をする