同性愛者との復縁

同性愛者の復縁相談も意外と多いです。
なかなか友人知人にも相談しにくく、そして相談したとしても深い話がしにくいというのが正直なところでしょう。

復縁 同性愛

掲示板等のサイトに相談を書き込まれる方もいらっしゃいますが、そこで根拠もない誹謗中傷を書かれ、傷心してふさぎ込んでしまうという方もいるようです。

しかし、恋愛は男女でなければいけないわけはありません。
実際に同性愛者の恋愛が認められつつあります。最初から諦めるのではなく、できることからやっていきましょう。

このようなご相談は2パターンに分かれます。
相手も完全に同性愛者の場合と、両性愛者、つまりバイセクシャルの場合です。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする

相手が同性愛者の場合

同性愛者は次の交際相手を探す際、ネットを使うという人が多くなってきました。なかなか日常生活の中で、同じように同性愛者を探すというのが難しいからなのかもしれません。

通常、復縁工作を行う時に近づける工作員は、同性とすることが多いです。
しかし同性愛者の場合は、それによって工作員が恋愛対象となってしまう可能性があるため、あえて異性を使うこともあります。

性別は同性でも異性でも構いませんが、恋愛対象になってしまっては復縁工作はできませんから、友人として接していける人を起用することになります。

また、同性愛者以外の人に相談しにくいという気持ちは少なからず持っているので、工作員も同性愛者、もしくはバイセクシャルという設定にすることも多いです。
それによって親近感が湧いたり、話が聞き出しやすくなったりするのです。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする

相手がバイセクシャルの場合

この場合は、次の交際相手となれる人が多くいますから、日常生活の中で次の相手を見つけてしまうかもしれません。
ですから復縁工作をスタートした時点では独り身でも、進めていく途中で交際相手ができているかもしれません。
そういった意味では、早い段階で着手しておくのが望ましいでしょう。

工作員の性別には迷うところですが、対象となる人の性格や好みを伺った上で、恋愛対象として見られにくい人を工作員とすることになるでしょう。

復縁に際して

すでにご存じだとは思いますが、巷の女性心理・男性心理は、このような人々には通用しないとお考えください。
言ってみれば「大多数の人とは感覚が違う人」なのですから、人となりを十分に理解した上で対応したり接していくべきです。

工作員はその人物像を明らかにするためにも、サポートをしていきます。詳しくはお問い合わせください。

お問合せ 見積を依頼する 資料請求をする