年の差恋愛の元恋人と復縁

年の差恋愛は今では珍しくありません。
年下彼氏、年上彼女といったケースもあります。年齢差が復縁の足かせとなることは少ないですが、結婚に対する意識の違いがあると注意しなければいけません。

年の差恋愛の元恋人と復縁

交際していた当時、結婚をどこまでお互いに考えていたのか。そしてどちらも未婚だったのか、それとも片方、もしくは両方が既婚者だったのか。
このあたりが、復縁へのキーポイントとなるのです。

年の差があるが復縁したい

年の差恋愛では、片方が結婚を意識しており、もう片方が結婚を考えていなければ、結婚してくれる人を探すために別れを選択する、といったことがあります。

どちらから別れを切り出したかにもよりますが、元恋人から「結婚したいから」と言って別れを切り出されたのなら、復縁屋へ依頼や着手は急いだ方が良いでしょう。
なぜなら、元彼、元彼女は結婚相手を探してすぐに行動している可能性が高いからです。

復縁屋と共に探求する

既婚・未婚の場合も同様で、結婚の話が出なくとも、未来に期待が持てないため未婚側から別れを切り出す…というケースも多いのです。

不倫関係が長くて相手を待たせてしまった。自分の離婚の目処がたってから結婚について話そうと思っていたらその前に別れを切り出された。など、しびれを切らした不倫相手が行動に踏み切るわけです。

詳しくは不倫相手・愛人との復縁ページをご覧ください。

もし、結婚の話とは関係なく別れたのだとしたら、年齢差というよりも男女間の問題となります。
どこが問題だったのか、何が別れの原因となったのか。
復縁屋と一緒に、工作を進めていく中でその部分を明らかにしていく必要があるのです。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする

年の差恋愛の落とし穴

年の差恋愛の場合、年上彼氏×年下彼女という構図がまだ多いのですが、その逆パターンも最近は増えて来ています。そして、いずれの場合も年上が守り、年下が甘えるというケースが多いです。

この構図は良い方向に進めば仲違いもせずに穏やかにやっていけるのですが、一度すれ違いが生じてしまうと、年齢差を理由に「何でこれだけ年が離れているのに○○してくれないの」「若いからって○○はやりすぎじゃないか」などと不満を抱いてしまうこともあるようです。

年の差恋愛の落とし穴

年の差という事実を粒立てて考えい、より話がこじれていくパターンです。
復縁屋の工作員が対象者からそのような不満を聞いた場合は、一度はうなづきつつも、そこから軌道修正に入っていきます。

元彼や元カノに年の差恋愛の醍醐味を思い出させていき、復縁の可能性を高めていくわけです。最終的には自分の考えと思わせ、自身が変わろうと意識させていきます。

対象者は比較的、寂しがり屋の方が多く、依頼者様には心の隙間を埋めてあげられるようアドバイスすることが多く、そこから意識改革が出来ると、ぐっと復縁が近づいてくるのです。

お問合せ 見積を依頼する 資料請求をする