不倫関係に戻りたい

不倫相手との復縁 関連ページ
自分が既婚者の場合
相手が既婚者の場合
ダブル不倫の場合
離婚して(離婚させて)復縁したい
・不倫関係に戻りたい
不倫相手との復縁体験談

「不倫・愛人関係にあった相手と、もとの関係に戻りたい。」このようなご相談は珍しいと思われるかもしれませんが、決して少なくはありません。

不倫 戻りたい

誰にも相談できないような悩みだからこそ、探偵社に相談される方が多いケースです。

さて、不倫・愛人関係として復縁を目指す際に、まず知るべきことは「別れの原因」です。相手とどのような理由で別れてしまったのか、その根本を考えてみてください。

単なる恋人同士と比較した場合、ケンカやすれ違いマンネリ化といった理由よりも、家庭を省みた結果やむを得ず別れを選ぶケースが不倫関係においては圧倒的に多くなってきます。

次いで多いのが相手方の配偶者が不倫関係に気付いてしまった、もしくは怪しまれてしまった場合、仕方なしに別れを選ぶケースです。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする

不倫関係は「仕方ない」に集約する

恋愛感情の変化だけではなく、多かれ少なかれ「仕方なしに」「やむを得ず」といったことから別れを選択するカップルが多いのです。独身同士のカップルであれば、まだそのまま交際は続いていたかもしれません。

復縁屋工作では「別れの理由」とその根本にある「別れの原因」に重きを置き、相手の心理を巧みに誘導していくことで、原因の解消を目指します。

相手があなたに愛情を感じているまま、仕方なく別れを選択しているのであれば、復縁屋工作による心理誘導は非常に有効な手段と言えるでしょう。

お問合せ メールで無料相談 資料請求をする

答えの無い問題だからこそ工作が真価を発揮する

世間一般において「不倫は悪」であり、不倫が露見すれば責任を取らされます。家庭や職場にも影響を及ぼす可能性があります。

相手もそれを理解しているから、別れを選択したのでしょう。
しかし、「不倫をしてはいけない理由」を聞かれ、しっかりと説明できる人は稀です。

「法律でそう決まっているから」「結婚しているから」回答は様々ですが、誰しもが答えに窮する問題ではないでしょうか。このような説明では、疑問の根本的な解決にはつながりません。

答えの無い問題だからこそ工作が真価を発揮する

一夫一妻制とは人間が本来持つ独占欲に重きを置いて制定されているものであり、それが常識として浸透していますが、極論「なぜ不倫は悪か」ということはわからない人間の方が多いのです。

自明のようでいてよくよく考えてみるとわからないことが世の中にはあふれています。不倫とはそのようなものであるからこそ、工作による心理誘導が真価を発揮します。

誰にも相談できない不倫

人は社会的にネガティブであるものを「常識」を振りかざし否定したがります。しかし、自らがその当事者になることで「他人に肯定されたい」という意識が芽生えるものです。

相手は誰にも相談できず、一人で悩み苦しみ、あなたに別れを告げてしまったのでしょう。
しかし、利害関係の全くない第三者として、不倫に対する考え方が一般常識とは180度違う人間を接触させるとどうなるでしょう。

誰かに相談したい、誰かに肯定してほしい、そんな気持ちを一人で抱えていた相手にとって、良き相談相手になれるのではないでしょうか。持論を展開することによって、相手の不倫に対する考え方が変わるかもしれません。
このように、社会的に悪とされている不倫関係だからこそ、工作に色好い場合も多いのです。

何度も言いますが、一般常識から言えば不倫は堂々と周囲に相談できることではありません。
だからこそ、弊社にご相談いただきたく存じます。

お問合せ 見積を依頼する 資料請求をする