年の離れた彼女と復縁できる可能性

「交際していた彼女とは10歳差、年上である僕が振られ、未練がましく思われることが心配で復縁アプローチができない。」このように年の差を気にした復縁依頼はとても多いケースです。
特に男性は年の離れた若い彼女がいると、周りから羨ましがられることが多いでしょう、そのことがプレッシャーとなり、彼女にどうアプローチしてよいのか迷わせてしまいます。

復縁 可能性

年上と付き合う多くの女性は、「年上は包容力があって頼れる」と答える人は多いでしょう。そして、年下の男性と付き合う女性は「年下なのにしっかりして頼れる」と答えるのです。
上記のとおり、「包容力があって頼れる」のは年上の男性に限ったことではありません。そして「年下は(年上なのに)子供っぽくて魅力的」も恋愛において普遍的に耳にするフレーズです。

メールで無料相談資料請求をする

「年上=未練があってはいけない」は間違っている

“恋は盲目”この言葉の通り、付き合い当初は、相手の全てが魅力的に思えてしまうものです。その代名詞が年齢差なのではないでしょうか。
日本は年齢を重んじる風習があるので、特にそういった考え方になってしまいがちです。

恋愛関係で大事なのは「年上なのに(だから)」ではなく、「相手を思いやる気持ち」であるのは、いうまでもないでしょう。好きな相手と永く付き合いたい、大事にしたい(されたい)のならば尚更です。

自分が年上であることから「カッコ悪くありたくない」と思う気持は大事なことですが、復縁したいという思いがあるのであれば、年齢差を気にする必要は全くありません。
「未練」や「振られたこと」に、後ろめたさを抱く必要はなく、正直に向き合うべきです。

復縁の可能性は「タイミング」と「方法」

しかし、「恋人関係を終わらせる」という重大な判断をした彼女に、復縁を迫ったとしても、成功する可能性が低いのは事実です。
彼女への思いで動いた結果、再度振られる事は非常に辛いことですが、多くの女性は、振ってしまった罪悪感から、元彼を避ける傾向にあります。

彼女への気持が募らせ、焦って自分のタイミングでアプローチをしてしまわずに、一度立ち止まってください。
復縁の主役は彼女であり、大事なのは彼女のタイミングなのです。

といっても、彼女と距離を置いている最中に心情や生活の変化を知ることは、なかなか難しいことです。
「共有の友人が彼女の現況を随時知らせてくれる。」などの恵まれた状況は、滅多にあるのもではありません。

そこへ、私達復縁屋は、
彼女の年齢や思考が近い工作員を彼女に近づけ、アプローチにベストなタイミングと方法を探ります。

例えば、彼女が悩みを抱え、支えを必要としているタイミングを知ることが出来れば、復縁の確率は高いと言えるでしょう。
自分で別れを切り出した彼女が元彼に頼りたくても実行に移すことはなかなかできませんが、工作員の実績と経験から、そこへ自然な方法で依頼者様を登場させることができるのです。

逆に、彼女の仕事が忙しく、アプローチをしても逆効果となる状況も存在します。
タイミングを間違えるとせっかくの復縁のチャンスを失うだけでばなく、溝が出来てしまいリカバリーに長い時間を要さなければなりません。


弊社に復縁の相談に来られる多くの方は、「自分だけで考えていると、周りが見えていなかったことに気付きました。」と言われます。
ご自身で考えて動くよりも、私達復縁屋に相談することで復縁の近道を見つけ、成功の確率を上げることができるのです。

意外にも、恋愛に見切りをつけた「振った方」も盲目になってしまうものです。
復縁やの工作では、彼女の視野も拡げることでお二人同士が求め合う条件を増やし、復縁への可能性全体を拡げます。

一人で悩まずに復縁屋である弊社にご相談ください。

メールで無料相談資料請求をする