AVメーカーの恐るべき企てin富士の樹海!?

人探し。定番であった調査も最近は激減している。しかし、ごく稀に依頼が飛び込んでくることも。失踪して1週間。『富士の樹海』というキーワードしかわからないまま、調査員は現場へ。
そこで目撃した驚くべき光景とは…。

「一刻も早く現場に飛べ!」

非情な指令が入る。その依頼は人探しであった。

最近、激減している調査だが、ポイントが絞れている場合は、受けることもある。失踪者の置手紙には『青木ケ原へ…』という文字が記してあった。

悪名高い"富士の樹海"である。

1週間前に消えてしまった彼を探して欲しいという依頼人。警察に届けを出したものの、真剣に取り合ってくれず、思い余って弊社の門を叩いた。時間がない。写真を片手に、さっそく青木ケ原へ。

しかし、現実は、甘くはなかった。広い…。広過ぎる!
砂浜に落した指輪を探すようなものだ。それでも、あきらめるわけにはいかない。
絶望感に打ちひしがれながらも、数名の調査員で森の中を進んでいく。そのとき、調査員たちは、異様な集団と遭遇した。警察にも見えないし、一体、何者たちなのか?

「何をしてるんですか?」

好奇心から彼らに接触した我々は、驚くべきセリフを耳にした。

「AV撮影のロケ班ですが」

アダルト・ビデオ? 青木ケ原で? メンバーは、廃墟サイトの管理人・ウシロメタサなる人物と、メーカーのスタッフ数名。
ある企画をもとに、青木ケ原を舞台にしたAVを作ろうと目論んでいるのだとか。その内容とは…。

「はじめは、これから死のうとしている自殺志願者の男性を見つけ、同伴している女優とのカラミを提案。死ぬ前にセックスしてもらって、『自殺なんて止めようよ!』と救済するガチンコものを作ろうと思ったんですけどね」

なんという大胆な企画! ウシロ氏が続ける。

「青木ケ原には"赤いドレスの女伝説"という話がありましてね。
死に至らずに生還した自殺志願者の多くが『死のうとしているときに横に寄り添っていてくれた"赤いドレスを着た女性"はどこに行ったんですか?』というセリフを口にするらしいんですが、そんな女性の姿は確認されたことがない。
幻覚なのか何なのかは不明ですが、それが、伝説になっているんですね。
そこで、これをモチーフにすることになったんです。
女優に赤いドレスを着させて、自殺志願者を探し、エロを交えて救済するんです。
ガチンコですから撮影は青木ケ原でやらないと。それで、ロケ班してるんですけどね。ところで、そちらは何のために?」

こちらが失踪者の捜索でる旨を伝えると、彼らも協力してくれることに。期せずして混成部隊となった我々は、もっとも多くの死体が見つかるというスポットに向った。

「ウワ、し、死体がある!」

調査員のひとりが、まだ生前の面影を残す生々しい男性の死体を発見した。
顔の一部は醜く腐乱している。年齢が失踪者に近かった恐る恐る確認。

しかし、写真に写っている笑顔の人物とは明らかに別人であった。
まずは、一安心。と、そのとき、事務所から、失踪者が無事戻ったという連絡が入った。青木ケ原に入ったのは事実だが、思い直して帰ってきたのだという。

「よかったですね。赤いドレスの女に会えたからかな」

漆黒の闇に包まれていく樹海の表情に悪寒を覚えつつ、ウシロ氏の言葉がいつまでも耳にこだましていた…

コラムに戻る

当社が選ばれる5つの理由