結婚で失敗しないために婚前調査をお勧めします。

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
各種調査一覧

結婚調査

結婚前に調べておくべきこと

結婚調査とは以下のようなものを行います。

■結婚をしているかどうか。婚姻の有無。

交際している、もしくはそれを考えている相手の婚姻の有無を調べる形となります。

相手が実は結婚していたとなるとのちのトラブルになってしまうケースがあります。
知らなかったと言っても、トラブルは避けられません。
損害賠償の請求対象にならなかったとしても、それまで費やした時間や訴訟問題の対応などを考慮すれば、損失は大きいでしょう。
事前に婚姻の有無を知ることはそれらのリスクを回避できるようになります。
特にインターネットを経由して出会う相手は、共通の知人がいません。
関係が深まった際に「実は結婚している」と言われることもあるでしょう。
既婚者ということを隠す人もいます。怪しい部分があるのであれば、それらを事前に調べるべきでしょう。

■被調査人が結婚する相手として適切かどうか。

相手の資産状況や過去の経歴等を調べるものとなります。
なお、差別を助長させるような調査は対応しておりません。

一生付き合うことになるパートナー。
後悔のない結婚をしたいというのは誰しも思うことです。
ただ同棲などをした経験が無いのであれば、相手の私生活は見えない中で結婚することとなります。
一緒に暮らしだしたら、イメージしていた人とは違った。浮気性だったこともあるでしょう。
収入面や資産などの経済状況も気になるところです。
離婚という選択肢もございますが、簡単にできるものではありません。

≪得られる情報≫
・被調査人の素行、身辺の情報
・経歴、職歴等
・親族、家族の情報
・収入、資産等
・風評など

結婚は将来を左右するものです。
日本の離婚率は3割程度と年々増加傾向にあり、社会的に見ても多く感じられますが、失うものは変わりありません。
事前に調べることをお勧めいたします。

■結婚する意志があるかどうか。

結婚をする意思があるかどうかを知りたい。
また結婚をするように後押ししてほしい。

現在35歳以下の男性の独身率は50%程度。
40歳以下で30%程度となっております。
女性も同様に年々増加傾向にあります。
経済格差や生活の多様化が原因となっており、以下の理由により結婚をしない選択をする方も多いようです。

(男性のケース)

・ 結婚してやっていく自信が無い(収入面等)
・ 仕事が見つからない
・ 親との折り合いが悪い、親に反対されている
・ 結婚資金が貯まらない
・ 1人暮らしを続けたい
・ 趣味、自由な時間が減るのが嫌だ
・ 将来、親の面倒を見てくれる妻でなければ困る
・ 彼女としてはいいが、結婚相手として今の交際相手には不満がある
・ 忘れられない人がいる
・ 婿養子は避けたい
・ もっと遊びたい
・ なんとなく・・・
・ 準備や手配が面倒・・・

(女性のケース)

・ 仕事を続けたいのに、彼が辞めろという
・ 彼の浮気が心配
・ 彼の職業を親が心配している(固定収入が無いなど)
・ 家事を行う自信が無い
・ 性格の不一致(彼が頼りないなど)
・ 彼の仕事が転勤が多くて、親元を離れるのは心配だ
・ 元彼のことをまだ思っている
・ もっと遊びたい
・ 育児がができる自身が無い
・ 親元を離れたくない。親が心配だ。

言い分は様々ですがある意味相手にとっては「自分勝手」な言い訳かもしれません。
交際相手に「結婚したくない理由」を正直に話す人はあまりいないでしょう。

「本当の原因とは」

これを明らかにし、その原因を取り除くことが結婚への後押しとなります。
そんな恋人たちの動向を探り、結婚にむけて後押しします。
また、親に結婚を反対されている、出会い系サイトで知り合ったため共通の知人がいない、などの様々なケースにも個々の状況に合わせたシナリオを作成して対応いたします。

無料相談フォームへ

MENUへ