傾向と対策|インターネットトラブル

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
各種調査一覧

ネットトラブル-傾向と対策-

インターネットにおけるトラブルの一例、対処方法。

出会い系サイトのトラブルだけでなく、オンライン上でのトラブルの一例です。
近年ではSNSでのトラブルが相談の大半を占めております。


メルアド・携帯番号しか知らないが、何とかして連絡が取りたい。
携帯番号・メールアドレスのみしか情報が無い場合、連絡先を変更された時点で連絡が取れなくなってしまいます。そのため今お持ちの情報より相手を特定する作業を早期に行うことが重要となります。


連絡が取れなくなってしまったが、もう一度メールのやり取りを復活させたい。
相手の置かれている状況の把握、及びお宅様のことをどのように思っているかを知る必要があるでしょう。工作という手法を用いるケースとなります。


出会い系メル友のプロフィールが本当かウソかどうか知りたい。
実際の年齢なのか、また職業は性格なのか。既婚か未婚か。
プロフィール欄にはいくらでも嘘を書くことができます。

これは出会い系サイトだけではなく、結婚相談所などでもそうです。
最近では収入証明を添付しなければならないところもありますが、それでもウソの部分はあるでしょう。無駄な時間を費やさないために、裏を取る方もいらっしゃいます。

弊社は「メル友裏とり調査」(メル友詐欺調査)のパイオニアです。
数多くの案件をこなしてきております。


他の女性ともメールをしているようで心配だ。
出会いを求めてサイトを利用しているため、やはりこのような心配はついてまわります。

ただ中には交際を始めたのにまだ出会い系サイトを利用している。
別IDを用意したが、明らかに当人だとわかるケースもあるでしょう。
ご自身で解決するというのは困難です。この場合、工作という手法を用いるケースが多いでしょう。


家の場所を知らない。携帯から調べたい。
いつ解約されるか分からない携帯。
その情報だけでは何かあった時に対処できなくなってしまいます。
今すぐにでも調べておくべきでしょう。


夫(妻)が出会い系サイトで知り合った相手と浮気しているようだ。
最終的にどうしたいかで調査方法は変わります。
ただ不貞の証拠だけは入手しておくべきでしょう。

夫婦再生を目指すため浮気を防止するのか、それとも離婚に向けて行動を起こすのか。
ますは知り合った相手がどのような人物なのか、どれくらいの頻度で会っているのかなどを知る必要があるため調査をお勧めいたします


娘が、出会い系サイトを使って援助交際している様子なのでなんとかして止めさせたい。
携帯が普及しているため、出会い系サイトを利用するのは成人とは限りません。
ご相談の中の一部にはこのように娘や息子の行動を止めたいという方もいらっしゃいます。

援助交際は違法行為に当たり、且つ最近では携帯ひとつでできるため罪の意識がなくなりつつあります。今のまま放っておけば、常習化し、今よりもさらに悪い方向に進んでしまうでしょう。

改善を求めるのであれば早期に対処することが理想です。


チャットで知り合った相手から誹謗中傷されている。
匿名での利用のため、当事者を特定するのは困難なケースがほとんどです。

特定をするためには情報が必要となります。情報の無い中で特定はできません。
場合によってはチャット内で対象者と接点を持ち、特定する情報を入手していくことが重要となるでしょう。


掲示板を荒らされて困っている。
チャット同様に特定が困難です。
IP情報から調査をするのは警察など権限があり、プロバイダー等に開示請求が出来る立場でなければ不可能です。そのため警察に相談されることをお勧めいたします。


自分は住所など知られているのに、相手のことは何も知らない。
インターネットで知り合った相手からストーカー行為を受けるというケースは比較的多くおこっております。相手に住所を教えてしまい、そのため家に来たり、監視されたりといったケースがほとんどです。ただ相手のことは全く知らないという状況のため、対策のしようがありません。

このようなケースはまずどのような実害を受けているのかを調査し、それと並行して相手の身元を調べる形となるでしょう。調査により得られた情報をもとに、その後の対策をしていくという流れとなります。


独身・未婚と言われていたが、どうも怪しい、事実か嘘か本当のところがわからない。
お見合いサイトなどで知り合った相手から交際を申し込まれたものの、明らかに結婚していそうな雰囲気。実際に身分を偽りサイトを利用している人は多く、交際後それが発覚してしまったという話も少なくはありません。

なぜか週末には会ってくれない、自宅の場所を教えてくれないということがあり、不安に思う方もいらっしゃるでしょう。全く別の理由があるのであれば良いのですが、もし既婚者だった場合、後々のトラブルに巻き込まれることもあります。

このようにならないためには事前に相手の身元をおさえることをお勧めします。

無料相談フォームへ

MENUへ