お金を貸した相手の失踪|行方調査・人探しなどの追跡

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
各種調査一覧

お金を貸した相手の失踪

金銭トラブルによる行方調査が最近増えております。

人探しの中で一番多い相談が金銭トラブルによる失踪人の調査です。

貸した相手の居場所がわからない、引っ越してしまい行方が分からなくなってしまったなど状況は人それぞれです。

借用書もなく、身元がわからないといったケースもあります。
最近ではインターネットやソーシャルネットワーキングサービス(SNS)等で出会った相手に金銭を貸してしまうケースが増えてきております。

金銭トラブル

当時はネットや電話でつながりがあったが、関係がこじれてしまい連絡が取れなくなった。
携帯電話もつながらないため、返済の申し出もできないという方もいらっしゃいます。
このような状況になってしまうと、泣き寝入りをするしかありません。
ただ、何かしらの情報をお持ちなのであれば、そこから特定出来るケースもございます。

情報量や、その情報の信ぴょう性により判明率も変わってきます。
そのため、まずは一度どのような情報をお持ちなのかを教えてください。
金銭トラブルによる失踪者の調査・人探しに関し、以下の状況を教えてください。

・借用書はあるのか、また貸した金額、時期
・相手に関する情報はどの程度あるのか
(些細な情報でも結構です。どのような情報をお持ちなのか教えてください)
・返済はどの程度されているのか、最後に返済されたのはいつごろか
・対象者の知人などを知っているか

恋愛関係にあった相手の場合が多く、金銭だけではない理由で探したいという方もいらっしゃいます。
理由は様々ですが、悩んでいても解決にはつながりません。
まずはお気軽にご相談ください。

<よくあるケース>
依頼人:女性 30代
対象者:男性 30代

相談内容:自宅特定。モバゲーで知り合った相手にお金を貸したが連絡が取れなくなってしまった。貸したお金は最初に10万、以降分けて貸し、計80万円ほどになっている。

当初はゲーム内で知り合い、メッセージをやり取りする仲だったのですが、住まいが近いこともあり、会う関係になりました。定期的に会っており、身体の関係もありましたが、相手のことは詳しくわかっておりませんでした。相手の情報は振込んだ口座番号、氏名(口座名義と口頭で確認)、携帯番号程度です。現在電話をしても出てくれません。携帯は解約されていませんが、連絡が取れないという状況です。

もしかしたら事故などで入院しているのかもと思うと、いまどのような状況かを知りたいです。たしかにお金を返してほしいという気持ちはありますが、それよりもなぜ連絡が取れなくなったのかが知りたいです。

対処法:インターネットで知り合うケースは相手の情報が少なく、特定が困難です。中には結婚詐欺のようなケースもあります。本件の場合、相手の客観的情報が口座番号と氏名、携帯番号のみです。

一般の方であれば問題ありませんが、犯罪者であれば架空名義口座、携帯を用意している可能性があるでしょう。このような場合、相手の身元を特定するのは困難です。民事性が高いため、警察もなかなか対応してくれないでしょう。このような犯罪集団ではないのであれば、比較的特定は可能です。また現在どのような状況なのかというのも確認ができるでしょう。

ただ相手の情報がないため、場合によっては結婚しているのを隠していたりするケースもあります。また借用書が無ければ、例え口座振り込みだったとしても、「借りたのではなく貰った」と言われてしまえば、貸したという証明が必要になります。まずは状況をみた上で、返済を優先するのか、それとも関係の改善をするのかを判断していただき、その中で出来る手法を考える形となるでしょう。

無料相談フォームへ

MENUへ