盗聴器とは|用語集

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
各種調査一覧

盗聴器とは

会話などを当人に知られないように聴取、録音する事を盗聴といいます。

それをするための機材を盗聴器といいます。

ほとんどの盗聴器は無線通信による電波で周波数を合わせて傍受する形のものです。そのため発信機を盗聴する場所に仕掛けなければなりません。

ほとんどの場合が屋内のため仕掛けるために家屋に浸入する必要があります。

盗聴器自体はインターネットや電気街で販売されており、誰でも買える状態です。そのため盗聴の被害は多いのですが、それに気づかない人も多数いるようです。

被害は身近にあります

盗聴器と聞くとラブホテルに設置してあるなどのイメージがありますが、実際は家庭や会社などに浸透しております。多い例は婚姻関係のない男女です。夫婦の場合同じ場所に住んでいるため、相手が家にいるときの言動などは分かりやすいですが、同棲をしていないカップルであれば、家にいるときは何をしているか分かりません。中には別の異性を家に連れ込んでいるということもあるでしょう。不安が度を越すと、盗聴器を仕掛ける人もいるようです。

盗聴自体には現在の法律で規制するのが難しく、そのため電気街等で購入が可能です。プライバシーの侵害などもありますが、違法電波などでない限り盗聴をすることも実際のところ違法にはなりません。取り締まれる部分としては設置の際の住居侵入、盗聴器の電源確保のための電気の窃盗などです。

このような状況のため盗聴被害は比較的家庭に入り込んでいます。

関連項目

盗聴・盗撮_FAX探偵ドットコム

無料相談フォームへ

MENUへ