貞操義務とは|用語集

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
各種調査一覧

貞操義務とは

婚姻関係のある夫婦には貞操の義務が課せられております。

貞操の義務とは配偶者以外とは性関係を持ってはならない。それぞれが守らなければならない義務のことで、民法によって定められております。

夫婦間のみのものですが、内縁関係や事実婚など書類上婚姻関係のない男女にも同様に義務として成り立つ場合があります。

貞操義務を怠ると

不貞行為は貞操義務違反に当たります。一般的に浮気というものです。

配偶者を持つ男女が別の第三者と肉体関係を持てば貞操義務違反に当たり、婚姻の継続をする上での義務を行っておりますので、不法行為に当たり婚姻の解消をもう一方から訴えることができます。

義務違反にはなりますが、それが婚姻の継続がしがたい事由に当たるかどうかが争点のポイントとなります。つまり、一度の不貞行為では義務を怠ったと判断されますが、婚姻の継続がしがたいと判断されない可能性もあります。

そのため浮気を原因にして離婚や慰謝料の請求をお考えの場合、継続的で悪質だという証拠が必要となります。

関連項目

浮気調査は東京のFAX探偵ドットコム

無料相談フォームへ

MENUへ