守秘義務とは|用語集

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
各種調査一覧

守秘義務とは

守秘義務とは業務上知った秘密を守る義務のことです。

探偵業法という法律により、探偵業を営む者及び従事する者、または従事する者でなくなった後においても守秘義務があります。

業者の中にはアルバイトや登録制調査員・工作員などを利用しているところもあり、業者自体が守秘義務を守っていたとしても、アルバイトの人にそのあたりの教育をしていなければ様々なリスクが発生します。

過去には依頼した内容で恐喝に至ったケースもあるようです。探偵社として守秘義務を守ることは基本的なことですが、このように管理ができていない業者もありますので注意すべきでしょう。

本当にその業者は大丈夫ですか?

守秘義務は探偵業にとって当たり前なものです。

しかし中には守らない業者、守れない業者というのも存在します。

依頼人から得た情報で恐喝行為を行うというのは論外ですが、実際にそのような業者もあります。また会社自体が守っていても教育が行き届いてなく、社員やアルバイトが守秘義務を守らないということもあるでしょう。

本来であれば探偵社でアルバイトや登録制のスタッフを雇うこと自体情報の管理の問題もあるためよい形とはいえません。ただそれは法律で管理できるものではありません。依頼を検討している方はそのあたりも注意して考えるべきでしょう。

安いからという理由で依頼をしないほうが良いと思います。

関連事項

プライバシーポリシー(個人情報保護方針について)|FAX探偵ドットコム

無料相談フォームへ

MENUへ