審判離婚とは|用語集

電話相談24時間対応 電話番号:03-5324-9876
各種調査一覧

審判離婚とは

調停で不調となった場合において家庭裁判所が相当と認めるときは一切の事情を考慮して、裁判所自らが双方の申し立てに反しない限度で離婚を侵犯するものが審判離婚になります。

双方から2週間以内に異議申し立てがなければ離婚は成立しますが、異議に関しては理由などは必要なく、また異議申し立てがされた段階で審判の効力は失うため、審判離婚での離婚率は極めて低いものです。

ほとんどのケースが調停が不成立の場合、裁判離婚になります。

裁判離婚への準備を

審判離婚で離婚ができる可能性は低いです。恐らく裁判と発展するでしょう。様子を見てからでは判断が遅くなりますので、理想はこの段階で裁判離婚の対策を行っておくことです。

関連事項

離婚相談・親権問題相談_FAX探偵ドットコム

無料相談フォームへ

MENUへ